広岡浅子(1849-1919)の生涯をモデルとしたNHK連続テレビ小説「あさが来た」は、最後まで気の抜けない、忙しい展開のドラマだった。
「あさが来た」日本女子大と平塚らいてう登場は「とと姉ちゃん」への布石か

終盤の展開は、戦後の雑誌編集者・大橋鎭子(しずこ。1920-2013)の回想記『「暮しの手帖」とわたし』を原案とする次期朝ドラ「とと姉ちゃん」への布石と見える部分があるので紹介したい。
「あさが来た」日本女子大と平塚らいてう登場は「とと姉ちゃん」への布石か

日本女子大という「場」


「あさが来た」は大同生命の創始者のドラマ、と思いこんで観ていただけに、振り返ってみれば銀行・炭鉱・大学の話に終始していたのがちょっと意外だった。楽しみにしていたであろう大同生命社員のみなさんには、ちょっと物足りなかったのではないだろうか。

「あさが来た」をはじめとする多くの朝ドラが「近代における女の生きかたの模索」を柱としてきた。
だから終盤の日本女子大学校創設(1901)のあたりは、朝ドラの歴史の「ハブ」的な意味を持っている。なにしろ日本最初の女子大学校には有為の女子が蝟集し、そこから多くの人物を輩出することとなるのだから。

次期朝ドラの主人公のモデル・大橋鎭子も、日本女子大家政科二類で学んだ。残念ながら病を得て中退することとなったが。

朝ドラヒロインつながりでは、1986年の「はね駒〔こんま〕」(斉藤由貴主演)の主人公のモデルで新聞記者の磯村春子(1877-1918)も、ごく初期の日本女子大の聴講生だったと言われている。
「あさが来た」日本女子大と平塚らいてう登場は「とと姉ちゃん」への布石か

1994年の朝ドラ「春よ、来い」、2000年の「オードリー」はそれぞれ脚本を担当した橋田壽賀子、大石静の自伝的な作品で、ふたりとも日本女子大出身。

この記事の画像

「「あさが来た」日本女子大と平塚らいてう登場は「とと姉ちゃん」への布石か」の画像1 「「あさが来た」日本女子大と平塚らいてう登場は「とと姉ちゃん」への布石か」の画像2 「「あさが来た」日本女子大と平塚らいてう登場は「とと姉ちゃん」への布石か」の画像3 「「あさが来た」日本女子大と平塚らいてう登場は「とと姉ちゃん」への布石か」の画像4
「「あさが来た」日本女子大と平塚らいてう登場は「とと姉ちゃん」への布石か」の画像5 「「あさが来た」日本女子大と平塚らいてう登場は「とと姉ちゃん」への布石か」の画像6 「「あさが来た」日本女子大と平塚らいてう登場は「とと姉ちゃん」への布石か」の画像7 「「あさが来た」日本女子大と平塚らいてう登場は「とと姉ちゃん」への布石か」の画像8
「「あさが来た」日本女子大と平塚らいてう登場は「とと姉ちゃん」への布石か」の画像9