bit

酢漬けの「水死体」を食べる チェコ料理「ウトペネツ」って?

       
ヨーロッパのほぼ真ん中にある国「チェコ」。
国民一人あたりのビールの消費量が世界一というビール大国で、ビール好きな飲兵衛には憧れの国かもしれない。
そんなチェコの伝統料理に「水死体」という意味の料理があるのはご存知だろうか。
世界にはさまざまな料理があるが、「水死体」を食べる!? ……うげげ。でも興味が湧いて止まらない!
というわけで今回は、四谷3丁目にあるチェコ料理専門店「だあしゑんか」の代表、高野さんに突撃取材してきた。

チェコ料理の「水死体」について教えていただきたいのですが……


高野さん「ウトペネツのことですね。ウトペネツは、ピクルスのように酢漬けにした白ソーセージの料理のことです。これが漬けられた状態ですよ」

と、おもむろに、奥から漬けられた白ソーセージが登場。
酢漬けの「水死体」を食べる チェコ料理「ウトペネツ」って?
白ソーセージが酢漬けにされた状態がこちら。まるで水死体のよう?!

むむ、たしかに言われてみれば水死体のよう?(もちろん見た事はないが)
こちらが、チェコのパブでは定番のおつまみメニューなのだそうだ。

酢漬けの「水死体」を食べる チェコ料理「ウトペネツ」って?
「水死体」なのに、カラフルでカワイイ盛りつけ

酢漬けの「水死体」を食べる チェコ料理「ウトペネツ」って?
チェコの有名ビール「ピルスナー・ウルケル」とも相性抜群!

食べてみると、ピクルスと白ソーセージの相性は抜群だし、スパイスも効いている。本場ではパンも添えられて出されることが多いとのこと。なるほど。これはビールのつまみにぴったりである。
でも、人気の食べ物の名前を「水死体」だなんて、なぜチェコの人たちは食欲のなくなるネーミングをしたんだ?

チェコの有名自動車メーカー「シュコダ」は残念さん


ウトペネツのほかにも、チェコには変わったネーミングセンスのものが多いとのこと。たとえば日本でいうところのトヨタにあたる、チェコの有名自動車メーカー「シュコダ」。創業者の名前がつけられているのだが、なんと「シュコダ」は日本語で「残念」という意味らしい。「残念さん」だなんて……。チェコの人たちはブラックユーモアが好きなのかもしれない。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「酢漬けの「水死体」を食べる チェコ料理「ウトペネツ」って?」の みんなの反応 1
  • 733 通報

    せめて”ドザエモン”にしてよ。水死体じゃあ法学部解剖教室みたいすぎて。

    3
この記事にコメントする

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年4月8日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。