冨樫義博の描く長期休載だった人気漫画『HUNTER×HUNTER』が4月18日の週刊少年ジャンプで連載再開された。
主人公を殺す冨樫義博は再開『HUNTER×HUNTER』でも殺すんじゃないだろうか
単行本第1巻は主人公ゴン・フリークスが表紙。全32巻まで発売中。

クラピカが招集したメンバーとして懐かしの面々が登場。イズナビ、ハンゾー、バショウ、センリツ、ビスケである。ハンゾーは選挙編で姿を見せるも、全然しゃべっていなかったので、しゃべるのは序盤のハンター試験以来。そしてこれまで名前を呼ばれたことがなかったクラピカの師匠の名前が「イズナビ」と判明(2011年のアニメ版では「ミズケン」という名前だった)した。

僕の場合はバトル漫画を描いているというのもあるんですが、「いつでも主人公を殺してやるぞ」という気構えですね(笑)。
「主人公だからって安心してんなよ」といつも思うようにしています。主要キャラだろうが、ここで殺したいから殺すと(笑)。
主人公を殺す冨樫義博は再開『HUNTER×HUNTER』でも殺すんじゃないだろうか

『黒子のバスケオフィシャルファンブック CHARACTERS BIBLE』内で自身の作風について語っている漫画家・冨樫義博。HUNTER×HUNTERの主人公であるゴンは今のところ、無死である。

主人公が2度死ぬマンガ『幽☆幽☆白書』


主人公を殺す冨樫義博は再開『HUNTER×HUNTER』でも殺すんじゃないだろうか

『HUNTER×HUNTER』の前々作、『幽☆遊☆白書』では主人公の浦飯幽助(14歳)が物語開始早々いきなり死んでいた。子どもをかばった末の交通事故死である。
飼い主の少年を案じて成仏できない犬、男との待ち合わせ場所で死んでしまった地縛霊、いじめられっ子ボクシング部員など、生き返るまでの間に現世の悩みを解決していく。

この記事の画像

「主人公を殺す冨樫義博は再開『HUNTER×HUNTER』でも殺すんじゃないだろうか」の画像1 「主人公を殺す冨樫義博は再開『HUNTER×HUNTER』でも殺すんじゃないだろうか」の画像2 「主人公を殺す冨樫義博は再開『HUNTER×HUNTER』でも殺すんじゃないだろうか」の画像3