review

エアコレクターはなぜブックオフ全店踏破を目指すのか『無限の本棚』

アルコール好き、というか、アルコール中毒になった人は、最終的には純粋なアルコール(スピリタスなど)を求めるようになるという。ようするに酒の風味すらよけいなものに感じられるようになってしまうのだ。
エアコレクターはなぜブックオフ全店踏破を目指すのか『無限の本棚』
とみさわ昭仁『無限の本棚 手放す時代の蒐集論』アスペクト

とみさわ昭仁(当エキレビ!の執筆者のひとりでもある)の新刊『無限の本棚 手放す時代の蒐集論』(アスペクト)によれば、同様の傾向は、コレクターにもいえるらしい。そこで著者が引き合いに出すのは、かつて自分が考えたという「白いトレーディングカード」なるものだ(もちろんそんなものは現実には存在しない)。

このカードには表も裏も何も書かれておらず、ただ「通し番号」だけが記載されている。番号は1~1000番まであり、それがシャッフルされて日本全国に散らばっている。著者は、そんな「白いトレーディングカード」があれば、きっと自分は集めるだろうと書く。

これは、『無限の本棚』の核となるコレクション論のくだりで登場する話だ。著者はあるとき、自分を少年時代からコレクションへと駆り立ててきたものの正体が、「物欲」というよりは「整理欲」であることに気づいたという。レコードを集めるにしても、とくに聴きたいわけでもないのに、管理番号順に集めてしまう。それも整理欲に突き動かされてのものであり、突き詰めていけば最終的に、純粋に蒐集の快楽だけを求める次元へとたどり着くだろう。「白いトレーディングカード」の話はそのたとえというわけだ。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2016年4月21日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース