90s

定価25万円がバカ売れ! 死なないペット「AIBO」が辿った顛末

定価25万円がバカ売れ! 死なないペット「AIBO」が辿った顛末
神が万物の創造主であるという神話が、前提としてあるからでしょうか。人はいつの時代も、自らが神にならんとするかのように、生殖活動以外の方法による、生命の創造を夢想してきました。世界各国の寓話の中に、人造人間・ホムンクルスなる「人ならぬもの」が頻繁に登場するのは、人間が根本的に命を生み出したいと希求する生き物であることを証明しているかのようです。
生命創造は人類の悲願であり、そのために人工知能は生み出され、クローン技術は発展してきました。多くのSF作家がその先にある「破滅」を示唆しているにも関わらず、その可能性を突き詰めてしまうあたり、人間の業の深さを感じずにはいられません。

革新的なロボットペット登場 未来世紀の到来を予感


さて、遡ること17年前の1999年。世紀末を迎えた世の中はこのニュースに、来るべき新世紀が一足飛びでやってきたかのような錯覚を覚えたものです。何かといえば、日本が誇る世界的電機メーカー『ソニー』が、人工知能を搭載した小型犬ロボット「AIBO」を発売したのです。全長約30cm。硬質感のあるボティでありながら、四足歩行で身軽にヒョコヒョコと歩く姿は、実際の小型犬より多少ぎこちなさがあったものの、愛くるしさ抜群でした。

「機嫌」「性格」が存在したAIBO


「AIBO」が革新的だった点は、ユーザーとのコミュニケーションを通して成長するようにプログラミングされていたことです。「成長機能」であれば前年の1998年にアメリカで大ヒットし、1999年に日本上陸を果たしたファービーにも搭載されていたのですが、この2種を明確に分けるのは、ファービーが受身なのに対してAIBOが自律型であるということ。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年5月11日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。