review

「あまちゃん」のあんべちゃんこと片桐はいりのど迫力「とと姉ちゃん」37話

連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第7週「常子、ビジネスに挑戦する」第37話 5月16日(月)放送より。 
脚本:西田征史 演出:大原拓
イラスト/小西りえこ

昭和11年、春。
常子(高畑充希)は、女学校の5年生、最終学年を迎え、ようやく正規の制服を着ることができた。
たいていの生徒は卒業を前に、お嫁に行くことを考えていたが、常子は職業婦人を目指している。なんといっても彼女の目標は妹ふたりを嫁に出すことだから。
だが、どの求人も男性の半分以下の給料で、どうしたもんじゃろのう〜と悩んでいた時、やってきたのは新しい先生・東堂チヨ(片桐はいりーー「あまちゃん」の、まめぶのひと・安部ちゃん! )
彼女がいきなり、床に座ってあぐらをかけと女生徒たちを挑発する。それは、男性と女性の差異について改めて考えさせるためだった。
教室の床にあぐらーー制服が汚れるから男性でも躊躇するのでは? と揚げ足取りしてしまいそうになる難題を出す先生に常子はすっかり心酔してしまう。
いや、チヨにというかチヨが紹介した平塚らいてうに。
そのらいてうが「元始、女性は実に太陽であった。」と高らかに語る雑誌「青鞜」(大正15年には廃刊している)を貪り読む常子。
平塚らいてうに関しては千野帽子さんのレビュー近藤正高さんのレビューをご覧いただきたい。

「あさが来た」の終盤、颯爽と登場し(演じたのは大島優子)、主人公のあさを痛烈に批判した平塚らいてうに、「あさが来た」の後を受けた「とと姉ちゃん」の主人公が影響を受けるとはなんとも皮肉なお話ではあるが、こうやって時代は移り変わっていくのだと思うと面白い。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「あまちゃん」に関する記事

「あまちゃん」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「あまちゃん」の記事

次に読みたい「あまちゃん」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

朝ドラ「とと姉ちゃん」

朝ドラ「とと姉ちゃん」

“父親代わりの長女”ヒロイン、小橋常子を高畑充希が演じる。女ばかりの常子一家が激動の昭和を駆け抜けていく、小さな家族の大きな年代記。共演に、向井理、西島秀俊ら。NHKにて、2016年4月4日〜10月1日放送。

お買いものリンク