90s

藤原竜也を世に出したのは蜷川幸雄だった、そして見直したい蜷川作品「蛇にピアス」

蜷川幸雄が見出した、俳優・藤原竜也


闇を抱えた狂気的な役といえばこの人、強烈なキャラクターで唯一無二の存在感を放つ、実力派俳優・藤原竜也。
近年は「デスノート」「カイジ 人生逆転ゲーム」「るろうに剣心」など、漫画原作映画の役のイメージが強く、藤原のセリフ回しなどはたびたびネット上で話題になったりもしているが、彼のデビューは舞台だ。

1997年、ホリプロの社員に舞台「身毒丸」のオーディションのチラシを渡されたというスカウトが、藤原竜也のデビューのきっかけ。同年、藤原は15歳にして「身毒丸」の主役に抜擢され、演出家・蜷川幸雄と出会う。
この作品は寺山修司作の、義理の母娘の禁断の愛を描く物語。演技経験がなかったにもかかわらず、藤原は母役の白石加代子と共演し、鬼気迫る演技で大絶賛を浴びた。

こうして蜷川幸雄に見出された藤原は、その後、「唐版 滝の白糸」(2000年)、「近代能楽集〜弱法師〜」(2000年)など、立て続けに蜷川幸雄演出作品に出演し、10代にして役者としての才能を開花させていく。藤原竜也と蜷川幸雄のタッグはその後も、蜷川の人生を通して続いていくものとなる。
蜷川幸雄演出「ハムレット」(2003年)では、日本演劇史上最年少21歳でタイトル・ロールを演じ、主な演劇賞を総嘗めにした。この舞台で、ヒロイン・オフィーリア役を演じた鈴木杏とは、2004年〜2005年の「ロミオとジュリエット」(同じく蜷川幸雄演出)でも相手役として共演。その後もたびたび藤原と鈴木は舞台で共演している。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク