90s

ファミコンのIIコントローラ搭載マイクの懐かしき(恥ずかしき)思い出

ファミコンのIIコントローラ搭載マイクの懐かしき(恥ずかしき)思い出
画像はAmazonより

ファミコンのIIコントローラ(通称ツーコン)には、多くの人にとって思い出深い機能が搭載されていた。それが「マイク」である。なぜIIコントローラにだけ搭載されていたのか、なぜ「マイク」だったのか、そんな疑問はファミコン全盛当時から我々の頭に浮かんでいたが、それはそれ。なんだかんだいってマイクを使った思い出を持っている人は多いだろう。

マイクを使って裏技的発見をしたあの日


ファミコンソフトのなかには、マイクを使うことでしかゲームを進めることができないものが存在した。クソゲーの名を欲しいものした伝説のタイトル『たけしの挑戦状』では、カラオケイベントでこの機能を必要としたことが有名だ。

そのほかにも『ドラえもん』では特定のステージにおいてマイクで声を発するとボーナススコアを獲得できたり、アイテムを獲得できるといった攻略ができた。

なかには、ソフトの説明書にIIコントローラのマイクに関する記載があったゲームもあったのかもしれない。しかし、筆者が物心ついてファミコンで遊ぶようになった時代は中古ファミコンショップ全盛の時代、箱・説明書なしのソフトのみで購入することが多かった。マイクを使った攻略=裏技の発見だったのだ。

マイクで喋ると裏技が発見できたという成功体験がある者は、ゲームの進行に行き詰まったら“とりあえずマイクで喋ってみよう”とマイクにすがることも少なくなかった。

なお、個人的に最も興奮したのは、『仮面ライダー倶楽部』でマイクを使うとアイテムの風車を回す(体力回復)ことができるという事実を発見したときだ。あの興奮は今でも忘れないが、案外多くの人が知るところだった。

あわせて読みたい

  • ずっと恐竜だと思っていたヨッシー、実はカメの仲間だった…

    ずっと恐竜だと思っていたヨッシー、実はカメの仲間だった…

  • 初代「バイオハザード」やりたいけどやりたくない…ビクビクしながらプレイしたゲームだった

    初代「バイオハザード」やりたいけどやりたくない…ビクビクしながらプレイしたゲームだった

  • 実写版ストIIゲームで活躍したキャプテン「サワダ」という謎の伝説級キャラ

    実写版ストIIゲームで活躍したキャプテン「サワダ」という謎の伝説級キャラ

  • 女体の上で猿が走り回る、人々はコレを『ダンシングアイ』と呼び崇めた

    女体の上で猿が走り回る、人々はコレを『ダンシングアイ』と呼び崇めた

  • 気になるキーワード

    90s チョベリーの記事をもっと見る 2019年2月2日の90s チョベリー記事
    「ファミコンのIIコントローラ搭載マイクの懐かしき(恥ずかしき)思い出」の みんなの反応 2
    • 匿名さん 通報

      この話題、どちらかというと80年代の話題では?

      2
    • 匿名さん 通報

      ファミコンのマイクの記事で、ハドソンのバンゲリングベイの話が全く出てこないなんて・・・

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「スーパーファミコン」のニュース

    次に読みたい関連記事「スーパーファミコン」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「ファミリーコンピュータ」のニュース

    次に読みたい関連記事「ファミリーコンピュータ」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「プレイステーション」のニュース

    次に読みたい関連記事「プレイステーション」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    90s チョベリーニュースアクセスランキング

    90s チョベリーランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    90s チョベリーとは?

    90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

    その他のオリジナルニュース