「笑点」の公開収録はかつて一回だけ、後楽園ホールへ観に行ったことがある。2000年だから、先代の三遊亭圓楽が司会だったころだ。大喜利のコーナーにもまだ林家こん平が元気に出演し、林家木久扇も木久蔵を名乗っていた。その後大喜利のレギュラーとなる春風亭昇太はたしかこのとき、若手大喜利のコーナーに出ていたのではなかったか(林家木久扇の息子で、いまは木久蔵を襲名している林家きくおが出ていたことは間違いない)。ついでにいえば、観覧したのは6月17日である。日記もつけていないのになぜ断定できるかというと、香淳皇后の亡くなった翌日だったからだ。このとき演芸コーナーに出演していた大木こだま・ひびきの持ちギャグ「往生しまっせ~」は時節柄大丈夫だったのかと、一緒に行った落語好きの友人(そもそも観覧に応募したのは彼)と与太話をしたのを覚えている。

まあ、16年前に公録を観覧したときは、まさか昇太がこの番組の司会になるとは夢にも思わなかったわけですが。あらためて調べたら、どうやら昇太は若手大喜利に出ていたどころか、司会を務めていたという。まったくもって自分の記憶力のなさにあきれてしまう。
春風亭昇太は100年にひとりの「笑点」司会者になるか
イラスト/小西りえこ

昇太に願うは、師匠・春風亭柳昇の境地


というわけで、すでに周知のとおり、きのう5月22日放送の「笑点」にて司会の桂歌丸が自分の後任に春風亭昇太を指名した。私としてはその決定にちょっと意外と驚きながら、それでいてすぐストンと腑に落ちた。いや、きのう