今メンズのヘアスタイルは、短髪が主流である。襟足を刈り上げたツーブロックの男性をよく見かけるが、90年代まで遡ると、当時は「ロン毛」と呼ばれるロングヘアがカッコいいとされていた。
現在とは真逆のヘアスタイルがもてはやされていた時代に、ロン毛が似合っていた芸能人を振り返る。

木村拓哉


ロン毛のトップランナーといえば、SMAPの木村拓哉。キムタク風「茶髪」「ロン毛」はイケメンの代名詞であり、世の“モテたい”若者の間で一大ブームに。
そのブームを後押ししたのが、フジテレビの「月9」だろう。1996年、今よりも断然元気のあった月9枠で放映されていたのは、木村拓哉と山口智子主演の恋愛ドラマ「ロングバケーション(通称ロンバケ)」。年下男子×年上女子の先駆け的ドラマであり、ふたりの自然体の恋愛観が受け、ロンバケはたちまち大ヒットに。あの頃はほとんどの女子が、恋愛するならキムタクだったのではないだろうか。

そんな女子と恋愛したい男子諸君は、こぞってキムタク風ヘアスタイルを取り入れて、イケメンへお近づきになろうとしていたものだ。さらにロン毛は進化して、メッシュを入れたヘアスタイルの「ギャル男」が生まれるきっかけにもなった。90年代~00年代の恋愛市場をけん引してきたロン毛キムタクの功績は大きい。

江口洋介


キムタクが茶髪ロン毛なら、男気・硬派なロン毛で人気を博したのは江口洋介だ。それを強く印象付けたのは、フジテレビ月9枠放送のホームドラマ「ひとつ屋根の下」。熱血漢の頼れる長男「あんちゃん」役は、江口洋介が持つ本来のイメージに合っていて好感度もUP。前髪を下ろさない黒髪のロン毛は、男らしさの代名詞のような存在になる。