GACKT 延べ12万人動員のツアー『LAST VISUALIVE』完結、次はワールドツアーへ!

GACKT 延べ12万人動員のツアー『LAST VISUALIVE』完結、次はワールドツアーへ!
3月19日から始まったGACKTの全国ツアー『GACKT WORLD TOUR 2016 LAST VISUALIVE 最期ノ月-LAST MOON-supported by Nestle』が7月3日(日)、さいたまスーパーアリーナでフィナーレを迎えた(1万2千人を動員)。

7年ぶりに開催したGACKTのコンセプトツアー『VISUALIVE』は「音楽」「映像」「パフォーマンス」を余すことなく表現するライブ。約3ヶ月に及ぶ30箇所42公演、総動員数12万人の大規模なツアーとなった。

今回『LAST VISUALIVE』と銘打ったように、このコンセプトライブも最後となるか? そのファイナルの模様をレポートする。

ライブは15分押しの16時15分からスタートした。スクリーンに映し出された義経演じるGACKT。ライブを見に来ているのにもかかわらず「映画」から始まる演出からして、唯一無二なライブを想像してしまう。物語は源義経と兄頼朝との戦い。幾つもの矢が刺さった義経=GACKTに頼朝の命令により放たれた矢が、まさに刺さろうとした瞬間に「ARROW」が流れ、ライブがスタート。花びらが散りゆく映像の中歌い上げる「花も散ゆ」、切ないバラード「RETURNER~闇の終焉~」と続く。熱き思いを「RIDE OR DIE」では歌いあげ、「暁月夜-DAY BREAKERS-」へ。そして場面は二幕目へと続く。

こちらは時代を遡った義経と、兄,頼朝との回想。2人の再会。義経の「義」を受け取ったにもかかわらず、兄頼朝「疑心」が招く悲しい未来への暗示。ライブを見ているにもかかわらず、まさに「自分」も物語の一人になっているように錯覚してしまう。

あわせて読みたい

  • GACKTが心血を注ぎ表現する“義経”がここに終結 「LAST VISUALIVE」開幕/レポート

    GACKTが心血を注ぎ表現する“義経”がここに終結 「LAST VISUALIVE」開幕/レポート

  • GACKT 7年ぶりのコンセプトライブ『LAST VISUALIVE TOUR』が開幕

    GACKT 7年ぶりのコンセプトライブ『LAST VISUALIVE TOUR』が開幕

  • GACKT 主宰の学園祭ショー『神威♂楽園』でX JAPAN完コピ&女子高生コスプレ/ライブレポート

    GACKT 主宰の学園祭ショー『神威♂楽園』でX JAPAN完コピ&女子高生コスプレ/ライブレポート

  • GACKT X JAPANを完コピ 恒例の学園祭エンターテインメントショー開幕/ライブレポート

    GACKT X JAPANを完コピ 恒例の学園祭エンターテインメントショー開幕/ライブレポート

  • エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2016年7月3日の音楽記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    音楽ニュースアクセスランキング

    音楽ランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    芸能の人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトミュージックとは?

    話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

    その他のオリジナルニュース