GACKT 「信じて付いてきてくれてありがとう」 ファンクラブ限定、43歳の誕生パーティー/レポート

■GACKT/【GACKT's 43rd BIRTHDAY PARTY】イベントレポート
2016.07.04(MON) at ANAインターコンチネンタル東京 地下一階 プロミネンス
(※画像12点)

「みんなに笑顔を届けられるように、という想いを胸に、ここから頑張りたいと思います」(GACKT)

4か月にわたり行われたコンセプトツアー『GACKT WORLD TOUR 2016 LAST VISUALIVE 最期ノ月 -LAST MOON- supported by Nestle』を完走した翌日、GACKTの生誕43周年を祝うファンクラブイベント『GACKT's 43rd BIRTHDAY PARTY』がANAインターコンチネンタル東京にて開催された。昼夜2部制で実施されたうち、レポートするのは夜公演。終了したのは予定を大幅にオーバーした24時15分。濃密な一夜の模様をお届けする。

会場は、格調高い都内ホテルのボールルーム。前日にファイナルを迎えたばかりの“VISUALIVE”ツアーの実物衣装や写真が展示されたロビーを経て場内へと足を踏み入れると、イブニングドレスから和装まで、思い思いにドレスアップした“LOVERS”たちの姿が円卓に。華やかなムードの中、東京フィルハーモニー交響楽団とGACKTとの共演映像が流れる中、まずはディナーを楽しんでいた。

GACKT 「信じて付いてきてくれてありがとう」 ファンクラブ限定、43歳の誕生パーティー/レポート

20時40分頃に暗転すると、「Do you want him?」の呼び掛けに続き、MCのマドカ(ダンサー)が登壇、「後ろにご注目ください!」との声を合図に、GACKT JOBのメンバーが一人ひとり呼び込まれて登場。Hiroki(ラッサン)、You-Suke、天然、U-MA、TAC、TAKA、君沢ユウキらダンサー陣、続いて、ばる(Dr)、Sato(Ba)、TAKUMI(Gt)、CHACHAMARU(Gt)、YOU(Gt)とバンドメンバーが、そして最後にGACKT本人が参上。スーツに身を包み、額を露わにしたショートのパーマヘア・スタイリングに眼鏡という凛々しい姿で、どよめきと拍手に包まれながら悠々と登壇。パーティーの本章がついに始まった。