冨樫義博のHUNTER×HUNTER休載が週刊少年ジャンプで発表されてから2週間が経った。今、冨樫は何をしているのだろうか。多分、リハビリ生活に明け暮れているんだろう。冨樫が復帰するまでの間、『HUNTER×HUNTER』の単行本を一巻ずつ振り返っていくことにする。今日は2巻。

巻頭コメントは「先に行ってて 2分くらいしたら追っかけるから」。どこかの道路で倒れて笑顔をこちらに向ける冨樫の姿が写っている。
第2巻タイトルは『霧の中の攻防』。冒頭、ヒソカの試験官ごっこにゴン、クラピカ、レオリオが付き合わされていた。霧の中を抜けると2次試験開始。テーマは料理。野生の豚を捕まえてブタの丸焼きを作る、ジャポンの国発祥のスシを作る、谷にダイブしてクモワシのタマゴを取ってくる、という内容だった。
「HUNTER×HUNTER」冨樫が声優を務めた受験番号86番を振り返る
HUNTER×HUNTERの世界に日本という国は存在しない。忍者、寿司、俳句などの文化はジャポン発祥のものとされている。

冨樫の肉声が聴ける1999年版アニメ『HUNTER×HUNTER』


3次試験ではいきなり飛行船から塔の屋上に降ろされる。試験内容は、生きて下まで降りてくること。アモリ三兄弟は言う、側面には窓一つなく、外壁をつたっていくのは自殺行為であると。
「普通の人間ならな」
ある一人の男が、その分析に異を唱えた。受験番号86番である。筋骨隆々なその体、オールバックに無精髭。彼がアウトドア派の人間であることは一目でわかる。
「このくらいのとっかかりがあれば 一流のロッククライマーなら難なくクリアできるぜ」
「ふふん どうやら三次試験の合格第一号はオレ様のようだな」