『銀魂』『NARUTO-ナルト-』の主題歌を彩ったアーティストが2日にわたり競演、両日とも満員御礼

※すべての画像を見る<計43点>※

武道館、アリーナクラスのアーティストの名前がズラリと並ぶ『ANI-ROCK FES.』が7月16日(土)17日(日)の2日間にわたって開催。両日満員の6,500人、合計で13,000人を動員した。

アニソンのフェスといえばアニソン・アーティストや声優の共演で開催されるケースが多いが、今回は『週刊少年ジャンプ』原作の人気アニメ『銀魂』と『NARUTO―ナルト―』の主題歌を担当したアーティストが集結した新しい音楽フェスということもあり、期待値も高く、チケットは応募が殺到、即ソールドアウト。全国37ヵ所でライブビューイングも決定するほどの盛り上がりを本番前から見せたフェスとなった。

初日は『銀魂LIVE CARNIVAL 2016』。坂田銀時と万事屋の面々が繰り広げる物語を彩ったアーティストの競演。トップバッターで登場したCHiCO with HoneyWorksは1曲目「プライド革命」からオーディエンスを歓喜させる。「トップバッターはすごくすごく緊張しています」と言うCHiCOだったが、「やっぱり銀魂と言ったらこの曲ですよね!」とアニメ『銀魂』放送開始当初のOP曲であったTommy Heavenly6の「Pray」のカバーで会場を大歓声と熱とで一体に。

続いて登場したのはAqua Timez。アニメ・タイアップ曲も多く、どの曲もオーディエンスが口ずさんでいた彼らのパフォーマンス。「はい! 銀魂はこれ!!」とのヴォーカル太志の声で鳴り出した「最後までII」では大きくサイリウムが揺れ、サビでは会場の歌声が重なった。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

エキサイトミュージックの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク