夜、リビングに1人でいるとき、突然、大きめのクモに遭遇した。
脚の長さよりも、ちょっと恐怖したのは、胴体の肉厚感。ビックリして、反射的に思わず手近にあった掃除機で吸い込んでしまった後、さらに恐ろしくなった。

掃除機に吸い込まれたクモはどうなるのか。中のことを想像すると、本当に怖い。

そこで、ネットで検索してみると、実は同じようなことをしている人が案外いることがわかった。


YouTubeに掃除機を使ったクモ捕獲動画も


例えば、Twitterでは、巨大な「アシタカグモ」を発見し、慌ててダイソンの掃除機で吸い取ってしまった当時20歳の女性が、外から見えるゴミ部分にハマっている巨大グモの恐ろしい光景をアップ。「家族誰も知らなかったからいまは掃除機の中で飼ってるよ、、、、、、」と呟く事態になっていた。

ネットの質問掲示板では、こんな質問が見られる。
「掃除機で生きた蜘蛛を吸ったら、中で繁殖するという話は本当なんでしょうか?」

また、「掃除機で潰そうとして、うっかり吸い込んでしまったらしい→いずれ掃除機から出てくると思うと今すぐにでも家出したいくらい→吸い込み口を袋でぐるぐる巻きにしている」なんてものもある。

さらに、「掃除機でクモを吸い取る方法」として、ごみとりネットやビニール袋を利用した捕獲方法を紹介しているサイトがあるほか、YouTubeにも「蜘蛛(クモ)の正しい捕らえ方」「巨大蜘蛛を掃除機で吸うてみた」などの動画がアップされている。