bit

日本のフォーはベトナムと全然違う? 本場の麺にはない「コシ」が存在

ベトナムといえばフォーと言ってもいいだろう。

日本のフォーはベトナムと全然違う? 本場の麺にはない「コシ」が存在
ベトナムのフォー、南部だとスープは少し濁るが北部は透明


鶏ガラや牛骨からダシをとったスープに、米大国・ベトナムご自慢である米粉麺のフォーを入れて具をのせて、多いときで五種類ほどの香草を盛る。肉は、手荒く骨ごとぶった切った鶏肉もいいが、薄切りにした牛肉でもいい。牛肉入りフォー(現地では「フォー・ボー」と呼ぶ)は、うっすらとピンク色の半生状態が特徴。これによって、ビタミンを壊さずに得られるらしい。

このフォー、現地では定番の朝食で、路上の店先や屋台でモクモクと湯気が昇る寸胴鍋があればそれが目印。
おそらく、ベトナム人にとってのフォーの立ち位置は、日本人にとっての「ご飯と味噌汁のセット」が近い。


五年間で観光客数は1.5倍!ベトナム観光とともに人気の高まるベトナム料理とフォー


この五年で、日本からベトナムへの観光客は48万人から70万人近くと実に1.5倍まで増えた。ブームを超えてベトナム人気が定着しつつあり、それに伴ってベトナム料理の人気も高まっている。コンビニには当たり前のようにフォーの即席麺などが並び、ベトナム料理店も増えはじめた。きっと、日本に増えるベトナム人在住者の存在も需要や供給を支えているのだろう。

日本のフォーはベトナムと全然違う? 本場の麺にはない「コシ」が存在
さまざまなベトナム料理たち(撮影場所はすべてベトナムです)。


だが、ここで、ひとつの疑問を投げかけたい。
日本で食べるフォーが、ベトナムで食べるものと同じだと思うだろうか?

答えは、ノーである。

以前取り上げた、「ベトナムの日本食チェーンによるローカライズ」。

丸亀製麺がトッピングにパクチーを用意したり、牛角が豚のおっぱい(肉)をメニューに載せているなど、皆さんもよく知る日本食チェーンは現地向けにメニューのカスタマイズを行っているという話だったが、これはもちろん逆の、日本におけるベトナム料理店でも同じことをしている。そこで今回は、そんな「フォーのジャパナイズ」について紹介したい。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース