90s

バンド名を何度も変えた…イケメンV系「アリスナイン」の過去と現在

バンド名を何度も変えた…イケメンV系「アリスナイン」の過去と現在
※写真はイメージです
       
ビジュアル系バンドといえば、バンド名がカタカナや漢字から英語になるなど、その表記が変わることもしばしば。たとえば、「“大日本異端芸者”ガゼット」は「the GazettE」に、「新興宗教楽団NoGoD」は「NoGoD」に変更されるなど、ファンが知らぬ間に表記が変わっていることはよくある話だ。

10代のノリで「アイタタ……」な名前を付けてしまい、バンドが大きくなるに連れて黒歴史と化すというパターンも少なくないのだろう。とはいえ、ビジュアル系というジャンルを脱却しようとした場合、無難な英語表記にしておいた方が余計な先入観を与えずに済むという利点もある。

今回は、先日開催された「Visual Japan Summit」でメインステージを彩り、今なお根強い人気を誇る「A9(読み:エーナイン)」にフォーカス。かれらの表記変遷の歴史を見ていこう。

第1形態:「アリス九號」


2004年に元FatimaのNao(Dr.)と元Delta Arkの沙我(Ba.)が、元ギブスの将(Vo.)と虎(Gt.)を誘い、そこにヒロト(Gt.)が加わって結成されたのがA9の前身である「アリス九號」(読み:アリスナイン)だ。2004年から現在までの12年間、このオリジナル・メンバーでバンドを続けてきた。

カタカナと漢字が組み合わさったバンド名は和洋折衷をコンセプトに考えられたもの。デビュー当初は和柄を多用した衣装を身につけるなど、バンド名と世界観がリンクしていたことが印象的だった。2005年に発売されたシングル「百合は蒼く咲いて」でも、不思議の国のアリスと和風をミックスしたような衣装が一際目を引いた。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年11月13日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。