3年後の2019年に放送されるNHK大河ドラマでは、オリンピックを題材に宮藤官九郎がオリジナル脚本を手がけることがきのう発表された。もちろんこれは翌20年の東京でのオリンピック開催にあわせたもの。
あまりに興奮して宮藤官九郎脚本・2019年大河ドラマ「オリンピック」登場人物・配役を予想してみた
「日本のオリンピックの父」ともいうべき教育家・嘉納治五郎(国立国会図書館「近代日本人の肖像」より)。オリンピックを題材にした大河ドラマに登場することは間違いない

大河ドラマではかつて1984年から86年にかけて近現代をとりあげた作品が放送されたことがある。このうち86年放送の「いのち」(橋田壽賀子作)は、歴史上の人物が一切登場せず、三田佳子演じる架空の医師・高原未希を主人公に戦後史を描いた異色作だった。

未希は青森県弘前の出身で、当初は農村医療を志して地元で開業するも、やがて親友に請われて東京郊外の新興住宅地で医院を開く。ちょうど高度成長期に入り、急増する都市人口に対して医師が不足していたころだった。1964年10月10日の東京オリンピック開会式の当日には、未希の新たな病院の起工式が行なわれている。そのシーンでは実際の開会式のテレビ中継の映像も使われていたと記憶する。

「いのち」では高度成長の陰の部分もきちんと描いていたのが印象深い。オリンピック直前の東京では空前の建設ブームが起こる。それを支えたのは農村からの出稼ぎ労働者たちだったが、彼らの労働条件は過酷だった。劇中では、未希と同郷の男(演じていたのは鈴木正幸)が大けがを負い、彼女の病院に担ぎこまれるも、結局亡くなってしまう。

このほかにも農地改革や集団就職など、「いのち」は農村の視点から戦後をとらえた点も特筆に値する。これに対して、今回の宮藤官九郎の大河ドラマはオリンピックとあわせて東京を題材にとりあげるという。これまで池袋、下北沢、高円寺など東京の各街をドラマの舞台にとりあげてきた宮藤だが、東京を総体としてどんなふうに描き出すのか? それも気になるところだ。