90s

1億円買収騒動のレコード大賞が大晦日を退いた理由とは?

1億円買収騒動のレコード大賞が大晦日を退いた理由とは?
※写真はイメージです
元旦を目前にして、家族で年末のテレビの歌謡番組を流しながら新年を迎える準備をする……そんな年末年始の光景はもはや少なくなったかもしれないが、今でも続く年末恒例の2大歌謡番組といえば、ひとつはもちろん「NHK紅白歌合戦」。そして、TBS系で放送される「輝く!日本レコード大賞」(通称「レコ大」)もそのひとつだ。

大晦日に行われていた「レコード大賞」


今年秋には、そのレコード大賞の受賞選考について週刊誌が「大賞を1億円で三代目J Soul Brothersが買った」と報道し、出来レースでの選考ではないかとの疑惑が浮上した。この手の噂は以前からあったものの、主な審査委員が新聞社やテレビ局社員でもあったために、なかなか表向きに報じられないままになっていたのだった。

それでも80年代頃までは、音楽業界や歌番組の盛り上がりを背景に、この番組は黄金期を誇っており、アーティストにとってもレコード大賞受賞は栄誉だというイメージがあった。
特に2005年までの「レコ大」は紅白と同日の12月31日、大晦日の夜に放送されており、一時期は50%近い最高視聴率を記録するほど。紅白にとっても大晦日のライバル番組といえた。
また、この時期の人気アーティストは、レコード大と紅白歌合戦を掛け持ちして出演するケースも多く、両番組を慌ただしく移動する様子が実況されていたことなどもあった。

権威が衰退したレコ大、視聴率も右肩下がりに


その盛り上がりが変化し始めたのは、1994年のことだと思われる。ヒット曲「innocent world」で第36回レコード大賞を受賞したMr.chirdrenが、授賞式を欠席するという異例の事態が起こったのだ。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年12月30日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。