review

80歳のひ孫持ちヒロイン爆誕『傘寿まり子』漫画家に聞く

『傘寿まり子』は、80歳のヒロインが自宅の改築や友人の孤独死を受けて自分の人生を考え直すため家出をする、第二の“青春”漫画だ。漫画家のおざわゆきさんに話を聞きました。
80歳のひ孫持ちヒロイン爆誕『傘寿まり子』漫画家に聞く
おざわゆき(講談社刊)

「年をとっても仙人にはなれない」


――ひ孫がいる80歳という設定には驚きました。なぜ高齢者を主人公にした漫画を描こうと思ったのでしょう?
おざわゆき(以下 おざわ) 最近のお年寄りって昔よりも元気だと思いませんか? 皆さんオシャレだしとっても活動的。以前踊りを習っていた時も姐弟子の皆さんが70代とかなのにパワフルだなぁと思っていて、それでふと「お年寄りを主人公にしたらどうだろう?」と思ったんです。それで高齢者の方が書いたエッセイなど色々読んだのですが、物を持たず、食事に気を使い、人と仲良く…とまるで仙人のように達観した生き方が書かれていて…。それはそれでステキです。でも私は無理だと(笑)。うちの母も80歳をこえて身体にガタは来ていても人間的には昔と全然変わらない。年をとると煩悩のようなものとは離れていくようなイメージがあるけれど、私を含め皆が皆そうはなれないんじゃないかなと思いました。《年をとっても仙人にはなれない》というのが、この漫画のテーマの1つなんです。
――まり子らが口にした「好きで年寄りになったんじゃない」というセリフは胸が痛かったです。抗えないことだからといって簡単に受け容れられるわけではないのだなと。
おざわ このシーンは、自分が誰からも必要とされていないと感じたまま、死までの時間をすごすとはどういう気持ちなのか想像して描きました。すごい時間だと思いませんか? 年をとり、やらなければならない仕事もなく、何かを生み出すわけでもない、年寄りというだけでぞんざいな扱いを受ける事もあるわけで、それが死ぬまで続く。足掻く気持ちや心の奥底から絞り出すような悲しみや憤りがあると思います。まり子も四世代同居の結果、息子や孫家族たちが家の中心となり、だんだんと隅に追いやられていきます。終の棲家だと思っていた家に居場所をなくした彼女のように、胸にくすぶった思いを抱えながら諦めて枯れざるをえない人がいるのかと思うと、すごく悲しかった。多分少し前だと隠居という感じで仕事を引退して、年をとって亡くなるまでの心構え的なタイムがあった気がします。今は気持ちの余裕がないまま放り出されるという感じだと思うんです。

あわせて読みたい

  • 死体を13歳の女の子がふんづける地獄

    死体を13歳の女の子がふんづける地獄

  • ソ連兵が捨てた鮭骨を食べる絶望を描く

    ソ連兵が捨てた鮭骨を食べる絶望を描く

  • 長生きする気がゼロになる『老人地獄』

    長生きする気がゼロになる『老人地獄』

  • 究極の認知症介護法「ユマニチュード」

    究極の認知症介護法「ユマニチュード」

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2016年12月27日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「漫画」のニュース

    次に読みたい関連記事「漫画」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース