smadan

彼女ができない男のLINEメッセージはどこが悪いのか

       
彼女ができない男のLINEメッセージはどこが悪いのか

先日、ある女性がTwitterでつぶやいた、男性とのやりとりが話題を呼んでいます。

恋人ができないと公言している男性とのLINEで、時折返信に困る連絡がくるとボヤく女性側。
実例として、まだ会って間もないのに
「じゃあご飯作るから(ばいばい)」
「消費しに行こうか?」
と返ってきたことを報告。
女性は「消費」という言葉に最も怒りを感じ、そういうところが彼女ができない原因だと思ったそうです。

今回のやりとりでわかるのは2つ。
・空気を読まずに返事を送る
・親しくもないのにぶっきらぼうな言葉遣いをする
という2点が、女性への印象を最低なものにしているようですが、なぜこのようなやり取りの罠に陥るのか。考えていくと原因はもう少し他のところにあると思うのです。


全ては距離感を誤ったために起こった悲劇


このツイートの怒りの原因は「消費」という言葉が問題のようですが、失礼な単語を選ぶ男性には、いくつか共通するミスがあります。

ミス1:相手との距離感を誤る
まずもって、コミュニケーション上手な人は、持った才能か身につけたテクニックかはそれぞれですが、相手との距離感を誤りません。なかには誤ったとしても、“キャラ”として相手を納得させちゃう凄い人もいます。
今回の男性側の返信が良くなかったのは、女性側が感じていた心の距離が、男性が思っているよりずっと離れていたためです。

あなたは「返事がくるから好意がある証拠」と、「人類みな兄弟」くらいの感覚でメッセージを送ってしまっていませんか?

ミス2:自分がイラっとしない基準で言葉を選ぶ
言葉尻に引っかかったり、イライラしたりするのは、多くは男性よりも女性です。それは女子の方が細部に対するこだわりが強いからなのかもしれませんが、このような男女差が、言葉のチョイスに対する敏感さに差を生みます。
今回の「消費しに行こうか?」発言も、言葉のチョイスとしては「失礼」と「気にならない」の微妙なラインを突いています。

他にも人や関係性によって印象が大きく変わってくる言葉はいくつかありますが、そういったギリギリのラインの言葉を使う時に慎重になれるかは、経験が大きく影響します。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年2月17日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。