smadan

日本人男性のSEXが女性の6割以上を性嫌悪にさせている

日本人男性のSEXが女性の6割以上を性嫌悪にさせている

自民党の都議会議員・古賀俊昭氏が、東京都足立区の区立中学校で行われた性教育の授業を「問題ではないのか」と都議会文教委員会で指摘し、都の教育委員会が区の教育委員会に指導すると決めたことが波紋を広げています。

朝日新聞の報道によると、都の教育委員会は区の教育委員会を通して授業内容を調査し、「性交」「避妊」「人工妊娠中絶」という言葉を使って説明した点が、中学生の発達段階に応じておらず不適切と判断。不適切な授業を行わないように指導し、来月の中学校長会でも注意喚起することを決めたとのことです。

区の教育委員会や、授業を実施した中学校の校長は継続の意思を表示しており、足立区の子供たちが性のリスクについて知る機会が奪われることは一応避けられそうではあるものの、広域の行政を担う都によってこのような口先介入が起こるケースがあると分かれば、自粛する自治体も考えられることから、大いに問題でしょう。一刻も早く都の教育委員会は介入をやめるべきです。

日本の性教育をズタズタにした七生養護学校事件


古賀都議と言えば、2003年にも「七生養護学校事件」という性教育への介入を引き起こした都議の一人であり、2013年に「教育に対する不当な支配」として他の2名の都議や都の教育委員会とともに最高裁で敗訴が確定しています。

それにもかかわらず、懲りずにまた介入を始めた都議や都の教育委員会の神経を疑うのですが、この七生養護学校事件は当時国政レベルにまで波及し、安倍晋三幹事長代理(当時)を座長、参議院議員の山谷えり子を事務局長とする「過激な性教育・ジェンダーフリー教育実態調査プロジェクトチーム」が2005年に発足。この「バックラッシュ」以降、性教育は各地で自粛が相次ぎ、「冬の時代」を迎えました。

では、その結果、日本の性を取り巻く状況はどうなったのでしょうか?

日本人女性は性嫌悪がデフォルトという異常事態


インターネットメディアの「しらべぇ」が2017年7月に全国でアンケート調査を行ったところ、「SEXが嫌い」もしくは「あまり好きではない」と答えた女性は6割以上に及ぶ結果になったとのことです。男性は22%なので約3倍にもなります。あまりに異常な数字です(※日本家族計画協会による「男女の生活と意識に関する調査」でも、「まったく関心がない」「嫌悪している」と回答する女性の割合は近年高い水準を保っています)

以前、社会活動家の仁藤夢乃さんが朝日新聞女子組のインタビューで、「セックスに前向きな気持ちになれない」と発言しており、実名で顔出しの人物がこのようなことを正直に語ることはとても珍しいことだと思うのですが、これこそ日本人女性の多数派の感覚なのでしょう。

実際、この「しらべぇ」の記事をTwitterでシェアしたところ、女性アカウントと思われる方々から同調の声をたくさん頂戴しました。ここに一部紹介したいと思います。


・「何が嫌かってコミュニケーションゼロの独りよがり傲慢SEXが嫌。AVで学ばれてもこれっぽっちも気持ち良くないし、やりたくないことをしつこく「やりたい」って言われて渋々やらせて、傷つけないよう演技しなきゃいけない重圧とか。私はお前の性玩具か!って思わざるを得ないやり方。

・経験前はSEXへの憧れが強かったですが、実際に経験すると、独りよがり・不衛生・嫌だと言っても内心喜んでいると勘違いする、という男性が多過ぎてSEXが大嫌いになりました。恥ずかしながら性欲は強い方ですが、それでもSEXしたくないですから。性欲にも勝る嫌悪感を抱いてしまう状況って異常です。

・今の時代、セックスに対するイメージが悪すぎる。愛し合う手段ではなく、欲望を満たす手段・誰かに被害を為す行為、そんなイメージばかり。

・今の恋人に出会うまでキスが大嫌いだったっけ。理由は明白で、したくないのに強要されたから。それから汚いもの気持ち悪いものとずっと思ってきた。今は大好きだけどね。相手次第でこんなにも好悪が変わるんだなと思った。

・だから女友達が最も大事になる。性的搾取なしで、私を愛してくれる。

・嫌い嫌いも好きのうちっていう言葉を信じているクズ男が多すぎなんです。

・射精主義の自己中だからそうなるんだよね。相手ありきじゃない。ジャンクセックスばっかり。だから女性は嫌になってくるんだよ。

・下手くそに当たるとこうなるよね。AVはファンタジーだっつーの。それ分からない男が多過ぎ。なんで嫌いかって?独り善がりにされても気持ち良く無いからだよ

・私は彼氏との幸せな性との出会いよりも、痴漢や露出狂などの性暴力との出会いの方が先だった。コンビニのエロ本もだけど、性が幸せなもの嬉しいもの、というように感じられなかった。ずいぶん大人になったけど自分の中にまだ性への嫌悪が残っているかもしれない。

・性のファーストコンタクトが恋人との平和な結びつきではなく、初潮前の性暴力経験だったので、四半世紀以上たった現在でも、へドロのように性嫌悪が残っている。2次元・3次元の創作物では男女・男男・女女問わず萌えられるのに、自分が対象だとわかるや恐怖しかない。

・言ってないだけで、性被害にあっている人って世の中にはたくさんいる。「言ってもムダ」と思わせる風潮があるし、何より言うことによってさらなる加害を招くことがあるということを分かっているから、言わないんだよね。

・女の子側も、男に都合よく作られた性ファンタジーばかりに触れるしかなく、まともに性を学べない。それ以外だといきなり卵子がどうので早く産めとか言い出すし、日本の社会は女子に、身体を商品化するか、出産のためのモノになれとしか言わない。


女性の性嫌悪に無自覚な日本の男性たち


これらの声を分類すると、日本人女性が性嫌悪を抱くのは、【1】性暴力の蔓延、【2】ジャンクSEXの蔓延、【3】女性性消費文化の蔓延という3つの原因があることが分かるかと思います(※本記事の最後に分類をまとめてみました)。

では、これらの声を聞いて、男性の皆さまはどう思ったでしょうか? とりわけジャンクSEXが横行しているという声をどう受け止めたのでしょうか?

「自分はAVをお手本にしていない!」「ジャンクSEXはしていない!」と思っている人もたくさんいるかもしれません。でも、SEXが嫌いな女性は6割以上で男性の約3倍という実態を、大半の男性は知らなかったはずです。確かにパートナーや友人の女性が言わないという選択をしている場合も多いわけですが、それは彼女たちから“男性性”を信頼してもらっていない証です。

本当に男性性に対する信頼を寄せていて、「他の男性違ってジャンクSEXじゃない」と女性が思っていれば、「今までセックスが好きではなかった」という本音を伝えて来るはずです。SEXが好きではない女性は6割以上に及ぶわけですから、通常であれば6割の確率でそのような発言を聞く機会に遭遇します。性交経験が2人以上あるのに、性嫌悪の話を聞いたことが無いのであれば、自分もジャンクSEXをしている可能性は高いと疑う必要があるでしょう。

そもそも、日本のAVのほとんどがレイプを描いていると思います。それを指摘すると、「違うだろう」と思う人も多いと思うのですが、その感覚がセックスとレイプを混同していることの証左です。

たとえ言葉による合意ではなくとも、女性が笑顔で自分から相手の腰に手を回したり、服を脱いだり、何度もキスをする等の「継続的な意思表示」が無く、性器接触に突入するものは、全てレイプです。意思表示が言わされている場合もあるので、意思表示さえあれば良いというわけではありませんが、「平和的で相互的なセクシュアルコミュニケーション」においては頻出するはずの意思表示があまりに少ないことは明白です。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

勝部元気のウェブ時評

勝部元気のウェブ時評

コラムニスト・勝部元気さんの連載記事です。

2018年4月4日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。