smadan

「めんつゆで料理する女性とは付き合えない!」男性がこじらせた“被依存欲”

「めんつゆで料理する女性とは付き合えない!」男性がこじらせた“被依存欲”

「料理にめんつゆを使う女とは付き合えない!」という男性の発言がTwitterで話題になっているようです。

Twitterで検索しても、上記の意見に対する批判的なツイートが膨大なために、元ツイートを発見することはできなかったのですが、めんつゆを使って料理する女性に対してダメ出しをしている男性のアカウントは、実際に数名発見することができました。どうやら「手抜きするなんて女として失格」と考えているようです。

43年間変わらない「私作る人、僕食べる人」文化


「めんつゆは優れた調味料なのに使うのが悪いことのように言うほうがおかしい」「めんつゆを使っているかいないか判別できるほどの舌を持っているのか」のような批判が最も多かったようですが、それよりも問題なのはやはり「性別役割分担意識」と「手作り至上主義」でしょう。

日本では男性だけが「彼女に作ってもらったら嬉しい料理は?」と聞かれ、結婚相談所の情報でも女性だけが得意料理を書かされます。1975年に“炎上”して放送中止になった味の素のCM「私作る人、僕食べる人」の時代から、メンタリティが全然変わっていない人たちがいまだにたくさんいるのですから驚きです。

日本人男性の家事育児分担率が世界でも最低であることが少子化を招いている主たる原因の一つになっていることは周知の事実だと思いますが、43年の歳月が経っても役割意識が変わっていないのですから、それも頷けます。今回のケースでも、料理に関する指摘以前に、「自分は男だから作ってもらって当たり前」というそのスタンスが、まず批判の対象となるべきだと思います。

THE日本男児はただの「コミュ力が低過ぎる人」


「めんつゆだろうが何だろうが男なら出されたものに文句を言わず食べるべき!」という反論を加える人も散見されましたが、結局はこれも「私作る人、僕食べる人」の思考回路のままに過ぎません。

出すほう出されるほうという役割分業をするから、舌に合わない味を無理に食べなければならないシチュエーションが生まれます。それを避けるためには単に一緒に作れば良いだけです。また、一緒に作れば、話し合いをする中で、「自分はもう少し〇〇にしたいんだけど」と提案することも十分可能です。

「男は文句を言わずに食べるべし!」というのは日本男児の美学と思っている人もいるのかもしれませんが、「擦り合わせ」や「利害調整」というコミュニケーションを活性化することで、二人の関係をより良いものにして行くことが出来ていないわけですから、単に「コミュ力が低過ぎる人」に過ぎません。

手間暇かけることは愚かでしかない


また、性別役割分業と同様に問題なのが、「手作り至上主義」「手間暇賛美」でしょう。

「料理にめんつゆを使う女とは付き合えない」と主張するのは、「うちに遊びに来るのに車を使う男とは付き合えない!何時間もかけて歩いて来てくれないと嫌!」と言うのと構図が全く同じです。それくらい愚かなことを言っているのですが、とりわけジェンダーが絡むとその愚かさが分からなくなる人が一部にいるようです。

日本よりも女性役員比率の高い東南アジアでは屋台文化が発展し、調理を手抜きすることが主流ですが、日本では「時短」の意識や文化がキャズム(=一部の意識の高い人々の間で流行している段階と、世間一般に遍く広がる段階の間にある大きな溝のこと)を超えません。

結果、日本は労働だけではなく、家事も世界一の長時間労働大国に陥っているわけなのですが、やはりこの背景には母親“だけ”に対する「手作り至上主義」「手間暇賛美」の抑圧が大きいことも影響しているのだと思います。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る 2018年3月21日のスマダン記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

勝部元気のウェブ時評

勝部元気のウェブ時評

コラムニスト・勝部元気さんの連載記事です。

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース