── じゃぁ「打ち間違えた」というのは……

ツチヤ あれは……ウケるかなと思って、ボケたんじゃないですかね……。

衝動を受け止めてくれる場所を探して


── 当時、お笑いはどういったものを観てましたか?

ツチヤ テレビもビデオも、めちゃくちゃ観てました。ちょうどビデオからDVDに世の中が移行した時代で、ワゴンセールでビデオがただみたいな値段で売られてたんですよ。古いのは全部観ました。

── 「全部」というのは……。

ツチヤ もう全部。日本も、アメリカも、イギリスも……。モンティ・パイソンとかも全部観ました。テレビのバラエティも全部観て……ごっつ、ボキャブラ、オンバト、笑いの金メダル……M-1グランプリが始まったのが中1の時でしたね。

── 特定の芸人さんが好き、というわけではない?

ツチヤ 千原ジュニアさんが好きでした。千原兄弟はビデオも全部観て。『答え』とか『囚(とら)』で大喜利を勉強して。だから、最初の頃の大喜利はジュニアさんを一番真似してたと思います。

── 中学高校時代は自分で漫才やコントを書いていたと。

ツチヤ 最初は完全にオリジナルで作ってて、途中から「このネタ面白いな」と思ったら、どうやってできてんのやろ?ってノートに全部バーって書いてました。ここの振りでこのボケが生きてるんだとか、ソレのパターンを盗んで書いたりとか。M-1でも各組のボケ数を数えて、決勝いってる人は30個以上ボケあんな、準決勝は全員30いってないなとか。書き起こしてパターンを洗い出して。

この記事の画像

「1日2000ボケ。生きてる時間全部大喜利に使っていた『笑いのカイブツ』ツチヤタカユキの正体」の画像1 「1日2000ボケ。生きてる時間全部大喜利に使っていた『笑いのカイブツ』ツチヤタカユキの正体」の画像2 「1日2000ボケ。生きてる時間全部大喜利に使っていた『笑いのカイブツ』ツチヤタカユキの正体」の画像3 「1日2000ボケ。生きてる時間全部大喜利に使っていた『笑いのカイブツ』ツチヤタカユキの正体」の画像4
「1日2000ボケ。生きてる時間全部大喜利に使っていた『笑いのカイブツ』ツチヤタカユキの正体」の画像5