smadan

「月形半平太」のモデルにもなった武市瑞山(半平太)と富子夫婦 【歴ドル美甘子のラブラブ♡偉人伝】

歴っしゅ! 歴ドル美甘子です。「ラブラブ♡偉人伝」今回のテーマは、戯曲「月形半平太」のモデルになった「武市瑞山(半平太)と富子夫婦」です。時は幕末。土佐勤王党の盟主としての厳格な一面とは違った、瑞山の恋愛面でのもう一つの顔を探っていきます!

「月形半平太」のモデルにもなった武市瑞山(半平太)と富子夫婦 【歴ドル美甘子のラブラブ♡偉人伝】
武市瑞山(瑞山記念館・著者撮影)


武市瑞山は文政12年、土佐藩に生まれます。通称は半平太。坂本龍馬と親戚関係にあり、身分は土佐藩独特の上士と下士の中間にあたる白札格でした。
冷静沈着で皆から一目置かれる優等生。文久元年8月に土佐藩の同志の団結を計画し、土佐勤王党を結成します。

「月形半平太」のモデルにもなった武市瑞山(半平太)と富子夫婦 【歴ドル美甘子のラブラブ♡偉人伝】
晩年の武市富子夫人(瑞山記念館・著者撮影)


妻の富子は天保元年、土佐藩郷士の島村雅風の長女として生まれ、嘉永2年に瑞山の元へ嫁ぎました。

武市瑞山(半平太)の人格は素晴らしく、色白で美形、背も高かったそうで、後に行友李風の戯曲『月形半平太』のモデルになりました。
「月様、雨が…」
「春雨じゃ、濡れてまいろう」
色男半平太のこの粋な名台詞、有名ですよね。演劇の中では、お茶屋遊びに興じて京都の先斗町辺りで浮き名を流していましたが、実際の暮らしぶりは慎ましく、女性に対しては潔癖とも言えるくらい真面目で、妻を大変大事にする稀にみる愛妻家でした。

「月形半平太」のモデルにもなった武市瑞山(半平太)と富子夫婦 【歴ドル美甘子のラブラブ♡偉人伝】
月形半平太(角川映画HPより)


子どもは居なくても、君が居ればそれでいい!



妻、富子は二十歳の時に瑞山の元に嫁ぎ、13年の間一緒に仲睦まじく夫婦生活を送りましたが、唯一の心配ごとが子宝に恵まれないことでした。

ある時、武市夫妻に子どもがなかなか授からないことを心配した、土佐藩同志の吉村虎太郎が、瑞山のためにと、富子に七去(しちきょ)を説き、離縁できる七つの理由の中に、子宝に恵まれない事も含まれていたため、少々強引に実家に帰らせました。その隙に瑞山の屋敷へ次々と若い娘を送り込んだのです。瑞山は娘には誰一人として手を付けず、吉村の計略に気づいて、厳しく叱責しました。吉村としては瑞山に良かれと思ってした事でしたが、これが裏目にでてしまいました。お節介が少々行き過ぎてしまいましたね。...続きを読む

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る 2017年2月28日のスマダン記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース