3月3日に、Nintendo Switchが発売された。WiiU以来5年ぶりの任天堂ゲーム機ということで注目度も高く、予約日や発売当日には開店前に行列ができていた店舗もあった。
Nintendo Switchで最初に陥りがちな罠を超ていねいに解説する
Nintendo Switchと、Joy-Con Proと、Joy-conグリップ装着済。残念ながら充電グリップは手に入らなかった

実機を手に入れたので、最初に本体を触るにあたって注意した方がいい点を中心に紹介していく。

3通りの遊び方がある


箱を開封すると、側面に説明書きがある。これが、Nintendo Switchに付属するマニュアルの全てといってもいい。この説明の通りに接続をすれば本体が起動し、チュートリアルが始まる。
Nintendo Switchで最初に陥りがちな罠を超ていねいに解説する
箱の側面には、とにかく充電して初回設定をしろと書いてある。実際、画面の指示に従えばすぐに遊べるようになる。なお、発売日当日に本体アップデートも出ている(5分ほどで終了した

充電用の端子はUSB-Cだ。ACアダプタの他に、USB-Cケーブル(一応公式にはJoy-Con Proや充電グリップ付属のUSBケーブルが推奨されている)でも充電できる。

コントローラーであるJoy-Conは、基本的には本体に接続した状態で充電する。充電グリップなどを持っていない限り、遊び終えたら本体に装着して充電をセットすることになるだろう。

Nintendo Switchは、3通りの遊び方がある。

ひとつは、本体にJoy-Conを装着し、持ち運びができる状態で遊ぶというもの。WiiUのゲームパッドで遊ぶような感覚と思うといいだろう。この状態の重さは約398g。WiiUゲームパッドよりも100g軽い。New3DSLLが約329gなので、New3DSLLより重く、WiiUゲームパッドよりも軽い。ついでにいうと、iPad Air2が437gなので、感触的には近いかもしれない。

この記事の画像

「Nintendo Switchで最初に陥りがちな罠を超ていねいに解説する」の画像1 「Nintendo Switchで最初に陥りがちな罠を超ていねいに解説する」の画像2 「Nintendo Switchで最初に陥りがちな罠を超ていねいに解説する」の画像3 「Nintendo Switchで最初に陥りがちな罠を超ていねいに解説する」の画像4
「Nintendo Switchで最初に陥りがちな罠を超ていねいに解説する」の画像5 「Nintendo Switchで最初に陥りがちな罠を超ていねいに解説する」の画像6 「Nintendo Switchで最初に陥りがちな罠を超ていねいに解説する」の画像7 「Nintendo Switchで最初に陥りがちな罠を超ていねいに解説する」の画像8
「Nintendo Switchで最初に陥りがちな罠を超ていねいに解説する」の画像9 「Nintendo Switchで最初に陥りがちな罠を超ていねいに解説する」の画像10 「Nintendo Switchで最初に陥りがちな罠を超ていねいに解説する」の画像11 「Nintendo Switchで最初に陥りがちな罠を超ていねいに解説する」の画像12
「Nintendo Switchで最初に陥りがちな罠を超ていねいに解説する」の画像13 「Nintendo Switchで最初に陥りがちな罠を超ていねいに解説する」の画像14