bit

ファミリーマートの心地よい「体験」を生み出す陰の立役者 PR

今やおむすびやスイーツを買いに行くだけの場所ではなくなったファミリーマート。目に見える商品だけではなく、目に見えない便利なサービスも「当たり前」のものとして私たちの生活になじんでいる。ついそのありがたさを忘れがちだが、かゆい所に手が届く便利なサービスに「Famiポートさま、ありがとうございます!」と拝みたくなることがある。

以前、遠方に住む一人暮らしの友人が急遽、検査入院したとき、支払い期日の迫る携帯電話料金を立て替えることになった。その際に活躍したのが「Famiポート」だ。企業コードと注文番号をメールで送ってもらい近所のファミリーマートで申込券を発行、レジで支払いを済ませると、友人からとても感謝された。

そんな使い方もできる「Famiポート」の設置、運用、サービスの充実、拡大を担っているのが、ファミリーマートと両輪でコンビニをますます便利にしている「ファミマ・ドット・コム」だ。

ファミリーマートのサービス分野を担う「ファミマ・ドット・コム」


ファミリーマートの心地よい「体験」を生み出す陰の立役者 PR
竹林社長

「ファミマ・ドット・コム」を訪問すると、入り口には、「Famiポート」が鎮座していた。
思わず、くだんのことを思い出しながら、心の中で手を合わせると、竹林昇社長がお出まし。
「使ったことありますか?」

「ええ、もちろんです!」。あんなことも、こんなこともできて、便利すぎて、でも便利さが当たり前になっていて、しかもサービスって目に見えないしと、聞かれもしないのに報告すると、社長はニコニコ笑いながら、「まだまだですよ」と言う。

そもそもコンビニなんて「ない」のが数十年前は当たり前だった。半世紀を超える年月をきちんと背負ってきたかのような頼もしいたたずまいの社長にとって、コンビニって、ファミリーマートって、どんな存在なのだろう?

「たしか、ファミリーマート初体験は、社会人1年目でしたね。おむすびを買いに行った記憶があります。当時は、奇妙な雑貨屋さんだなと思っていました(笑)。一番最近の体験は、お会いする2時間前。ちょこっと寄って、コーヒーをサクッといれてきました」

この、社会人一年生のときにファミリーマートを初めて利用した青年はのちに、ファミリーマートを人々の暮らしになくてはならない存在にしていく。

「ファミマ・ドット・コムが誕生したのは2000年です。今や店舗に並ぶ、おむすびや飲料などのモノ以外のサービスに関わっています。Famiポートを介した代金支払いはもとより、ファミリーマートのマルチコピー機で、さまざまなジャンルのコンテンツをご提供したり、24時間いつでも利用できる『はこBOON』『はこBOON mini』『らくらくメルカリ便』という新しい配送サービスを作ったり。これまでに社員一丸となって、『こんな便利さが欲しい!』という生活者の視点で、さまざまなサービスを開発してきました」

コネタの記事をもっと見る 2017年2月28日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース