review

デーモン閣下「蝶のように舞い、蜂のように刺すってあまりにもぴったりだった」ブルボン、納得の嵐

───なるほど。

閣下 だから(作中の)「impossible is nothing」っていうフレーズも実はアリの言葉なの。


ちゃんと読んだことなんてないよ


───そうなんですね。閣下は本来、引用の引き出しがたくさんありますよね。文学でも「サロメ」を曲にしたり。

閣下 「サロメ」の曲。(笑) マニアックだね。

───「サロメ」なんて僕読んだことないですよ。

閣下 吾輩だってちゃんと読んだことなんてないよ。

───えっ! だって「サロメは還って殺意をしるし」って、それらしく歌ってるじゃないですか?
デーモン閣下「蝶のように舞い、蜂のように刺すってあまりにもぴったりだった」ブルボン、納得の嵐
「メフィストフェレスの肖像」
BMGビクター

(注・「サロメは還って殺意をしるし」は聖飢魔IIの大教典『メフィストフェレスの肖像』に収録。魔暦前3年に発布)

閣下 それらしく歌ってるね(笑)、あらすじくらいしか知らないよ。騙されてる。

───あるいは坪内逍遥の長唄を洋楽のスタンダードナンバーに乗せて歌った曲とか、なんで戯曲が出てくんのかなっていう。でもその教養も、単に得意なジャンルを引いてくるばかりじゃなくて、自由ですよ。直前に誰かから教わったアリの事でもいいし、(ちゃんとは読んでいない)サロメでもいい…

閣下 サロメでもいい。(笑)

(注・坪内逍遥の明治時代の戯曲「新曲浦島」の詞を5th DIMENSIONの1968年のヒット曲にあてはめた不思議な曲「AQUARIUS~帰虚~」は前述のアルバム「好色萬声男」収録)

───「Post-Truth」も好きな曲です。これは素直に作ったのとは別の、従来の閣下の複雑な面白さが出てますね。曲調はいかにも青空的なさわやかさで、歌詞も青空を取り上げているのに、青空を否定するような不思議な曲です。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「イベント」に関する記事

「イベント」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「イベント」の記事

次に読みたい「イベント」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年3月18日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. イベント 大阪
  2. イベント 東京
  3. イベント 横浜

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。