「劇場」。芥川賞を受賞した「火花」に続く又吉直樹の第二作目で、掲載された新潮の発行部数はなんと4万部。文芸誌としてはかなり異例の売り上げだった。
『劇場』で考える、又吉直樹のヒロイン「こんなイイ女いねーよ!」問題
『劇場』又吉直樹/新潮社

「劇場」は、売れない劇作家・永田とその恋人・沙希の物語。又吉いわく恋愛小説らしい。

売れない劇団員には理想的すぎる沙希


恋愛小説ということで、どうしても気になるのは沙希の女性像だ。

沙希は、見た目も良く、オシャレで、料理が得意。都会にスレてもないし、常識も備え、頑張り屋さんで、頭も悪くないし良すぎるわけでもない。良く笑う明るい娘だ。

なんと言っても男心をわかっている。小悪魔的な意味ではない。男が突っ込んで欲しくない領域には決して介入せず、ひたすら信じて待ってくれる。とんでもなく良い娘だ。

主人公の永田は、売れない劇団員で、金もないのにバイトもせず、見た目もおそらく小綺麗ではなく、表現者としての生き方を拗らせためんどくさい人間だ。周りの人間の中には“独特の感性を持った奇才”と見る人もいるかもしれないが、そこまでの変人でもないし、突出した何かを持っているわけでもない。

こんな永田に沙希はもったいない。というか、なんで永田なんかに沙希みたいな良い娘が?いやいや、そもそもこんな良い娘いるわけなくない?と思ってしまう。

過剰な期待を背負わす沙希


だが、冷静に考えると沙希みたいな娘はけっこういる。もちろん希少な存在ではあるが、奇跡のような存在ではない。

まず、なんで沙希みたいな良い子が永田なんかとくっつくのか。悪い言い方をすると夢の押しつけだろう。