“祭りで日本を盛り上げる!”をミッションに、お祭りの参加・企画・運営を通し、地域活性化を目指す世界初のお祭り専門会社「オマツリジャパン」。多くのメディアに取り上げられ数々のビジネスコンテストも受賞する、今注目の企業だ。

今回はオマツリジャパンの代表・加藤優子さんに、これまでに参加したヤバい祭りや、この夏に行われる奇祭について聞いてみた。
“世界初”お祭り専門会社「オマツリジャパン」と奇祭ハンターが選ぶ『ヤバい』祭り
オマツリジャパン・加藤さん


そもそもオマツリジャパンとは?


――オマツリジャパンについて、教えてください。

お祭りは全国に30万件もあります。でも、そのほとんどが少子高齢化によって担い手が不足していたり、資金が不足していたり、マンネリ化していたり、消極的理由によって元気がなくなってきてるんですね。

お祭りがなくなると人の絆もなくなりますし、コミュニティも消えてしまいます。お祭りで食べている地域は、経済活動そのものが停滞しちゃいます。そうなると、地方に元気がなくなっていきますよね。そこで立ち上がったのがオマツリジャパンです。地域活性化に貢献する世界初のお祭り専門会社です。

――活動内容はどんなものですか?

主に以下の3つです。

1:お祭りのプロデュース
地域の自治体や商店街と一緒に、お祭りコンサルティング、企画考案、チラシ・ポスターのデザイン、当日運営のお手伝いなどをしています。

2:ツアー
ねぶた祭りのような伝統的な祭りは、ツアーという形で参加しています。

3:発信
ツアーで行ったお祭りを、自社ホームページやSNSで、レポートしています。

――オマツリジャパンはどのようなメンバー構成なのでしょうか?

現在は私のほかに取締役が2人と、サポーターと呼ばれるボランティアスタッフが220人ほどいます。20代~30代が中心で、下は18歳くらいから上は55歳くらいの人たちが参加しています。

オマツリジャパンが参加したヤバい祭りの数々


インタビュー後半はサポートメンバーのひとりであり、『奇祭ハンター』でもあるMacさんにも参加してもらい、この夏行われるヤバい祭りを紹介してもらう。
“世界初”お祭り専門会社「オマツリジャパン」と奇祭ハンターが選ぶ『ヤバい』祭り
奇祭ハンター・Macさん(左端)


――奇祭ハンターとはどのようなことをされるのですか?

Mac 
奇祭ハンターは、全国の珍しいお祭りを紹介したり、実際に行って体験したりするお仕事です。サポーターの中に「変わった祭りが特に好き!」っていう変態が何人かいるんですけど、その中のリーダー的存在ですね(笑)

――お二人がこれまで行ったヤバい祭りで、印象的なものを教えてください。

Mac 
神奈川県川崎市の金山神社で、毎年4月に行われる「かなまら祭り」はヤバいです。金山神社の御神体が金属製の男根「かなまら棒」というもので、「男根みこし」が街中を練り歩きます。商売繁盛、子孫繁栄、安産、縁結び、夫婦和合などのご利益があって、年々人が増えていますよ。最近は日本人より外国人客の方が多いですね。
“世界初”お祭り専門会社「オマツリジャパン」と奇祭ハンターが選ぶ『ヤバい』祭り
かなまら祭り

“世界初”お祭り専門会社「オマツリジャパン」と奇祭ハンターが選ぶ『ヤバい』祭り
かなまら祭り


加藤
売ってるものも面白いんですよ。

Mac 
男性器の形のキャンディ、子宝飴ですね(笑)おばちゃんが手慣れた手つきで売っています。他にもいろいろ男性器の形をしたグッズが売っています。
“世界初”お祭り専門会社「オマツリジャパン」と奇祭ハンターが選ぶ『ヤバい』祭り
かなまら祭りのアメ


Mac
あとは、茨城県笠間市で毎年12月に行われる「悪態まつり」も注目ですね。山頂にある、天狗の神社まで参加者が悪態をつきながら登っていくお祭りです。

悪口は普通ネガティブなものですが、「悪態まつり」は「彼女がいないぞ、バカヤロー!」とか、「給料上げろー!」とか、「歩くの遅いぞ、コノヤロー!」とか、全然ネガティブじゃないんですね。むしろ笑わせたもん勝ちです。最近は、メディアがこぞって取材するようになって、どんどん参加者が増えています。
“世界初”お祭り専門会社「オマツリジャパン」と奇祭ハンターが選ぶ『ヤバい』祭り
悪態まつり

“世界初”お祭り専門会社「オマツリジャパン」と奇祭ハンターが選ぶ『ヤバい』祭り
悪態まつり

“世界初”お祭り専門会社「オマツリジャパン」と奇祭ハンターが選ぶ『ヤバい』祭り
悪態まつり