smadan

「結婚費用は夫婦で折半」は当たり前に 夫のほうが多く負担する考え薄れる

「結婚費用は夫婦で折半」は当たり前に 夫のほうが多く負担する考え薄れる

ゼクシィが行った2016年の調査では、結婚の挙式・披露宴にかかる費用は全国平均約359.7万円という結果だった。この結婚費用について、夫婦の負担割合はどのように変化しているのか。
本音で女子同士が会話するネット上の掲示板では、結婚費用の折半について「今の時代当たり前」という意見が多かったものの、まだ一部では「男性なら多めに出すべきなのでは」という意見も残っていた。

そこで結婚費用の負担割合についての意見をウエディングプランナーの大塚恵美さんに聞いてみた。

結婚費用折半は不思議じゃない


「結婚費用は夫婦で折半」は当たり前に 夫のほうが多く負担する考え薄れる

結婚費用は、夫婦の貯蓄、両親からの援助、職場からの祝い金、ご祝儀などで払うのが一般的だ。この夫婦の貯蓄の負担割合が問題になり、夫婦間でもめることもある。
ゼクシィ結婚トレンド調査2016」によれば、現状、両家で折半する夫婦の割合は29%ほどだ。それほど多くはないものの、昔の「夫のほうが多く負担する」考えは薄れてきているようだ。

「今の時代、折半は不思議ではないと思います。特に今の世代の方は、昔の方と比べてご自身の親世代の結婚式と経済状況も含めて様変わりをしている点、オリジナリティにあふれた結婚式を考えている点などが異なります。親に頼らず自分たちの力で成し遂げたいという方々がすごく増えたと思います。
それは招待状を送る文面からも分かります。招待状の文面には一般的に『両親用・本人用・両親主体の連名用・本人主体の連名用』があります。昔は両親が招待する文面の『両親用』を使う方が多かったように思いますが、今は結婚する当人たちが招待する文面の『本人用』を使用される方がほとんどです。それは先に述べた、結婚式は親に頼らず、自分たちの力で成し遂げたいという傾向を物語っていると思います」
編集部おすすめ

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

スマダンニュースランキング

スマダンランキングをもっと見る
お買いものリンク