review

『うんこかん字ドリル』のどこが学習革命だったのか

『うんこかん字ドリル』公式)がすごい。
「日本一楽しい漢字ドリル」というキャッチコピーがついている小学生向けの漢字ドリルだ。
『うんこかん字ドリル』のどこが学習革命だったのか

小学1年生から小学6年生用まで6冊が3月に出版されて、約1カ月ちょっとで100万部を超えるヒット。
いま260万部だとか。

最大の特徴は、全例文に「うんこ」の3文字が必ず入っていること。
小学校6年間で学ぶ漢字は合計1006文字で、1つの漢字に3つの例文がついているので、3018のうんこ例文だ。

たとえば、こんな例文がある。

小学1年生用のドリルの例文。
きりつ! れい! うんこ!【立】
だん子は 一日中 うんこの 話を して います。【男】

小学3年生用のドリルの例文。
うんこ物語だい一章「うんこの勇者たち」。【第】
あの「うんこぶりぶり事けん」が起きたのは、しょう和二十八年のことだ。【昭】

小学6年生用のドリルの例文。
うんことは、内ぞうが作った芸術品である。【臓】
うんこが登場すると、コンサートは一気にもり上がった。【盛】

『うんこかん字ドリル』の凄いところを3つあげよう。

■根源的なところを攻めてきた
1つは、ベタなところを攻めてきた。
こどもは「うんこ」で大笑いする。その根源的なところ、ベタなところを攻めてきた。
これは、いままであまりなかったアプローチ。
高校生向けとか大人向けの学習参考書だと、エロで覚えるってのはあった。
最近出た本では『エロ語呂日本史年号』とか。
本能寺の変を、「イチゴパンツ(1582)見て本能ジンジン変な気分」と強引なエロネタで覚えるという奇書だ。

あわせて読みたい

  • なぜ教師の性犯罪はなくならないのか

    なぜ教師の性犯罪はなくならないのか

  • 暴走するキラキラネームは、親の無力感が原因だった『子供の名前が危ない』

    暴走するキラキラネームは、親の無力感が原因だった『子供の名前が危ない』

  • ニューヨーク近代美術館が認めた食玩「もじバケる」最新作はカタカナ

    ニューヨーク近代美術館が認めた食玩「もじバケる」最新作はカタカナ

  • 「擬態語はひらがな、擬音語はカタカナ」教育の功罪

    「擬態語はひらがな、擬音語はカタカナ」教育の功罪

  • レビューの記事をもっと見る 2017年6月22日のレビュー記事
    「『うんこかん字ドリル』のどこが学習革命だったのか」の みんなの反応 5
    • 0044 通報

      学習法としてはベストだが、「アラレちゃん」みたいな子供が 増えそうで心配だ。そんな子供たちが成人したらス〇トロだらけの 社会になるであろう。 〇=”カ”

      7
    • 匿名さん 通報

      これで多少でも子供が興味もつのはいいけど低学年までだな 高学年にもなってうんこうんこいうてたらそれはやばい

      5
    • 匿名さん 通報

      これ夏休みの自由研究とかで子供の作品が評判を呼んで商品化したとかいうならまだいいんだけどな〜大の大人が会議して捻り出した仕掛け商品、うんこ絡めてまで漢字書かせる?と疑問で家では買わないことにした。

      4
    • 堅い考えですが 通報

      これはちょっと問題。ほっといても子供はすきに悪い言葉や変な言葉をすぐ覚える。大人が基本の言葉を教えなきゃ正当な使い方がおろそかになる。文学もマンガとかも同時期に読む力をあげる方が良いかと

      2
    • 匿名さん 通報

      書店で見かけて、こども(園児)に買おうとしたら「母ちゃん、汚い…」って言われてしまった。母ちゃんはちょっと好きだったな…。

      1
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース