smadan

子育て資金はクラウドファンディングで調達? 社会性を反映させた育児小説

       
子育て資金はクラウドファンディングで調達? 社会性を反映させた育児小説
画像はイメージ

「オムツ代を稼がなくちゃ」

当事者になるまでは、ある種のノロケにも聞こえたこのセリフ。いざ子育てを初めてみるとノロケどころの騒ぎではない。オムツ代がリアルにボディーブローのようにずしりと効いてくることに驚く。オムツ代だけじゃない、ミルク代もかかるし、その他何かと入り用だ。

でもお金がない……。どうやってお金を集めよう? お金がないけどプロジェクトを遂行したい時、現代のとっておきの資金調達方法がある。それがクラウドファンディングだ。


進路決定件、命名権までも販売!?


クラウドファンディングで売る権利は様々。設置型カメラでいつでも子どもの様子を見ることができる権利、小学校入学まで好きな洋服を着させることのできる権利、進学の進路を決定する権利、そして命名権。命名権は1名限定で(当たり前か)1500万円!

色々と心配される方もいるかも知れないが、ご安心を。実はこれ、小説の中のお話。
7月25日に講談社から発売された『キッズファイヤー・ドットコム』の主人公、カリスマホストの白鳥神威が家の前に自分の子供として置かれた赤ちゃんを育てるために考えた方法なのだ。
子育て資金はクラウドファンディングで調達? 社会性を反映させた育児小説
超ポジティブなカリスマホストが自宅の前に捨て置かれた赤ちゃんをクラウド・ファンディングで育てることを思いつき、ITで日本の子育てを変えることに挑む。新時代のイクメン小説。

なあんだ、だから荒唐無稽なのか、と安堵した人もいるかも知れないが、これが必ずしも荒唐無稽でもないというのだ。


赤ちゃんの頃からプライベートが晒される時代


「YouTuber同士で結婚して子どもが生まれて、それを全部実況中継しているカップルがいるんですよ。子どもからすると知らない内に生活を全部晒されているのですが、これが結構アクセスが多いんです。もしこれで広告収入が親に入るのなら、構造としては『キッズファイヤー・ドットコム』のクラウドファンディングとまったく一緒ですよ」

そう言うのは作者の海猫沢めろん氏。海猫沢氏は社会性と物語性を独自に融合させ日本の純文学界でも独特のポジションを獲得している。
子育て資金はクラウドファンディングで調達? 社会性を反映させた育児小説
文筆家・海猫沢めろん氏。2004年『左巻キ式ラストリゾート』がカルト的人気を集める。著書に『愛についての感じ』『ニコニコ時給800円』などの小説の他に、最新科学をルポした『明日、機械がヒトになる』などもある。

「この前アメリカで、子どもが出来たけれどもお金がないからクラウドファンディングで100万ドル集まらなければ中絶する、という女性が現れてかなりバズったんです。アメリカは中絶に絶対反対のキリスト教保守の人たちも多く大問題ですからね。蓋を開けてみたらそれは小説を売るためのプロモーションだったんですが、もう現実でもこういうことが起きてもおかしくない時代です」

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年7月27日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。