SEVENTEEN、6万人を集めたさいたまスーパーアリーナ公演「僕たちはずっとみんなの心の中にいる」

SEVENTEENが7月26日(水)と27日(木)の2日間、さいたまスーパーアリーナ・スタジアムバージョンにて『2017 SEVENTEEN 1ST WORLD TOUR 'DIAMOND EDGE' in JAPAN』を開催し、6万人と感動の時間を過ごした。

韓国で5月22日にリリースした4枚目のミニアルバム『Al1』が「韓国版ビルボード」ガオンチャートで1位を獲得。活動曲「Don't Wanna Cry」が音楽番組で8冠を達成するなど、デビュー2年あまりで韓国を代表するアーティストに成長したSEVENTEEN。同アルバムは日本でもオリコン週間アルバムランキング最高3位、洋楽ランキング1位に輝いた。

このアルバムをひっさげたワールドツアー『2017 SEVENTEEN 1ST WORLD TOUR “DIAMOND EDGE”』が、7月のソウルを皮切りにスタート。アジアはもちろん、アメリカ、カナダなど13都市で計16公演を行うもので、2都市目が日本となる。

超満員の会場に入って驚かされたのが、アリーナの真ん中を貫くように設置された縦に長い花道。その中央にはセンターステージ、後方にはダイヤモンドを連想させる形状のダイヤモンドステージが配置されていた。今年2月の日本ライブではムービングステージで観客をあっと言わせたが、今回も広い会場のどこにいるファンでも彼らを近く感じられるようにとのこだわりが感じられた。
編集部おすすめ
エキサイトミュージックの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク