smadan

「ゴーゴーカレー食べ放題」を体験!カロリーと量の多さに負けそうになった

「ゴーゴーカレー食べ放題」を体験!カロリーと量の多さに負けそうになった

政府が旗振り役となり、働き方改革の一環として導入が進められているプレミアムフライデー。病欠すら周囲の目を気にしなければいけない会社もある日本の労働環境では即座に受け入れられるはずもなく、今のところ効果は限定的だ。

そんな中、ゴーゴーカレーでは1550円であらゆるメニューが食べ放題になる、という太っ腹なサービスを毎月の最終金曜日に一部店舗で実施している。ロースカツを10枚食べようが、カレーを10杯おかわりしようが、制限時間内なら1550円で済む。

トッピング無料券欲しさに1日で7店舗を渡り歩いたこともある元ファンとしては、こんな超お得サービスを見逃す訳にはいかない。さっそくゴーゴーカレーへと向かった。

「ゴーゴーカレー食べ放題」を体験!カロリーと量の多さに負けそうになった
在りし日の「旧」ゴーゴーカレー新宿総本店。この記事のために訪れた新宿総本店は6月末で閉店し、元から営業していた新宿三丁目のお店が店名を継承している

カレーという名の揚げ物の山に挑む


「ゴーゴーカレー食べ放題」を体験!カロリーと量の多さに負けそうになった
食べ放題メニューは1550円。だが、右上には1日5食限定・総重量2.5キロの「ワールドチャンピオンクラス」が販売されている。

椅子に座るまではいつものゴーゴーカレーと違わない。だが、机の上には「プレミアムフライデー注文票」と書かれた細長い注文票が、何十枚も束ねられていた。

店員にチケットを渡すと、メニューとボールペンを手渡され、食べ放題についての説明を受ける。制限時間は一皿目が到着してからカウントダウン、ラストオーダーは残り時間15分になったら、全ての料理を食べ終えてからおかわりが可能になる、などだ。

「ゴーゴーカレー食べ放題」を体験!カロリーと量の多さに負けそうになった
文面だけだと紛らわしい表現になるが、注文後に注文票を渡され、注文を行う。

最初の注文はカレー1皿にトッピング5つまで可能なのだが、おかわりをしてからはカレー1杯とトッピング2品に限られる。節度を守って楽しく食べるのが、食べ放題の醍醐味だ。全てを理解した上で、注文票に希望するカレーとトッピングの量を書き込んでいく。

それにしても、気になったのは客の少なさだ。自分を含めてお客さんは4人しかいなかった。やはりプレミアムフライデーは浸透していないのかと思いつつ、店員に質問してみると「雨だからじゃないですかね」という答えが帰ってきた。事実、イベント初回の2月末は、店の外まで行列ができるほどの人気ぶりだったという。

「ゴーゴーカレー食べ放題」を体験!カロリーと量の多さに負けそうになった
カツカレーではなく、もはやカツ丼状態。

注文票を渡してから2分も経たないうちに、注文したカレーが目の前に運ばれてきた。ロースカツ2枚とチキンカツ2枚が激しく主張する皿は、人によっては見るだけで胃もたれしてしまうかもしれない。そして、その横にコトンと音を立てて置かれたのは、ものすごくレトルト感のあるハンバーグだ。こちらにもゴーゴーカレー名物のキャベツが添えられている。

「ゴーゴーカレー食べ放題」を体験!カロリーと量の多さに負けそうになった
ハンバーグにもカツと同じソースがかけられている。

フォークを手に取り、肉と衣を金属で貫通させ、口に運ぶ。筆者とゴーゴーカレーの戦いは、こうして人知れず幕を開けた。

予想しなかったラスト


節度を持って楽しむのが醍醐味とはいえ、やはり根っからの貧乏人精神が染み付いてしまうと、コスパのことを考えてしまう。なので、できる限りの量を食べてみようと、この時までは思っていた。だが、3枚目のカツ(多分ロース)を口に運んでから、体に異変が起き始める。

胸のあたりに違和感が生まれ、3枚目を完食した頃には、目の焦点が合わなくなってしまう。なぜか気分転換のためにハンバーグを食べたが、今度は吐き気が襲い掛かってくる。4枚目のカツがお皿から消えたのは、3枚目完食から30分後のことだった。

「ゴーゴーカレー食べ放題」を体験!カロリーと量の多さに負けそうになった

ふと横を見ると、大学生と思われる4人組のグループが、それぞれ食べ放題メニューを注文し、勢いよくカツにかじりついていた。だが、筆者がお店にいる間に食べ放題を注文していたのは、このグループだけ。というよりも、入店した客が7人くらいしか確認できなかった。

結局、50分かけて1皿だけを完食し、そそくさと店を後にした。この日平らげたのは最初に頼んだ品物だけという、非常に残念な結果になってしまった。完食時の写真も収めているが、撮影した記憶がないぐらい参っていた。

退店時に覚えているのは、大学生グループのうち、2人の食べるスピードが突然ストップし、苦しそうにしている表情。歴史は繰り返されてしまったのだ。

編集部おすすめ

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スマダンニュースランキング

スマダンランキングをもっと見る
お買いものリンク