エレファントカシマシ 聖地日比谷野外音楽堂で28年連続ライブ、“外聴き”するファンも数千人集結

エレファントカシマシ 聖地日比谷野外音楽堂で28年連続ライブ、“外聴き”するファンも数千人集結
撮影/岡田貴之

エレファントカシマシ、1990年より続く毎年恒例の日比谷野外音楽堂のライブ。デビュー30周年の記念すべき年の今年で28年連続の開催となった。エレカシにとってバンドのライフワークとして行っているライブで、過去には、ライブ活動休止発表後「少しだけ歌わせてくれ」と宮本が一人ステージに立ったり、その後の復活ライブの舞台になるなど、まさに“聖地”と呼ぶに相応しい会場である。

今年は、ライブの開演前に、なんと異例となるテレビ朝日『MUSIC STATION ウルトラFES.』の生中継が入り、代表曲であり、今や日本を代表する応援歌となった「俺たちの明日」を生演奏にて出演した。MCのタモリとの掛け合いも絶妙で、「会場も大盛り上がりです」の宮本の声に会場は早くも大歓声につつまれた。

テレビ中継の後、時間通り17時にライブ本編がスタート。宮本本人の言葉を借りると、「ロケットスタート」という言葉通り、テレビ中継で暖まった会場の空気は1曲目「地元のダンナ」から最高潮!

「野音らしくマニアックといいますか、好きな曲をやります」という宮本の言葉通り、現在開催中となるベストアルバム『THE FIGHTING MAN』を携えての全47都道府県ツアーとは全く違ったセットリストで、昔からのファンも唸る野音ならではの選曲でライブは進行していく。

「野音は、その時ふと思いついた曲をやってます」とのMCの後には、アルバム『エレファントカシマシ5』に収録されている名曲「曙光」を披露し、その圧倒的かつエレカシ独自の世界観に会場が支配される。この空気感は、会場の中だけでは収まらない。この日は、屋外の会場ということで、会場の外に漏れ聴こえる音を求めて、なんと数千人のファンが日比谷公園に集結する事態に。会場のまわりをグルッと取り囲むように、至るところにファンがいて、ある人はシートを敷いて座り込み、ある人は立ちながら、会場の音に耳を傾けている。

あわせて読みたい

エキサイトミュージックの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「エレファントカシマシ」に関する記事

「エレファントカシマシ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「エレファントカシマシ」の記事

次に読みたい「エレファントカシマシ」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク