smadan

私、LGBTだけど悩んでいません……オタクや腐女子の友人に救われた過去

私、LGBTだけど悩んでいません……オタクや腐女子の友人に救われた過去

LGBTという言葉の認知度が高まり、LGBTが直面している問題や、抱えている悩みがメディアで大々的に特集されるようになってきた。彼らの苦しみを描いた映画やドラマも少なくない。しかし、私は、“苦悩しているLGBT”の姿ばかりが取り上げられることに少々違和感を覚えたりもする。というのも、自分自身バイセクシャルではあるものの、まったく悩んでいないからだ。

オタクや腐女子の友人たちに救われた


私がバイセクシャルであることを自覚したのは中学2年生のとき、同級生の女の子を好きになったことがきっかけだった。これまで付き合った同性は4人で、いずれもレズビアンかバイセクシャルだった。

LGBTでも悩まずにいられたのは、いわゆるオタクや腐女子たちが友人だったからかもしれない。中学時代、私の周りにはそういったタイプの人々が多かったが、彼らは他人からどう見られるかを気にせず、好きなものを好きと公言していた。一般的には理解されにくい趣味だとしても、あまりに堂々としていたからか、彼らをバカにする人は少なかった。その姿を見ていたからこそ、私もセクシャルマイノリティである自分を受け入れられた気がする。

友達にカミングアウトしようと決めたのは高校2年生の頃。恋愛話に異性しか出てこないことに感じるモヤモヤが、抗い難いほど大きくなってしまったからだった。とはいえ、LGBTに対する心ない言葉や、レズビアンの知り合いが受けたイジメなどを見聞きしていたので、少し不安はあった。それでも「きっと否定するような人たちじゃない」とカミングアウトしたところ、友人たちは想像以上にあっさり受け入れてくれた。バイセクシャルが現実に存在したことを喜ぶ腐女子の友人もいたくらいだ。

両親へのカミングアウト……「自分らしく生きなさい」


家族へのカミングアウトは難しいと言われている。私がすんなりカミングアウトできたのは、両親の職業が少し特殊だったことが関係する。私が生まれる前に母はスナックで働いていたし、父は今もホテルなどで演奏する現役の演奏家。どちらも夜の世界に近く、昔から多種多様な人と出会ってきている。たまにLGBTの人の話を耳にすることもあった。

カミングアウトしたとき、ほんの一瞬だったが父の目は泳ぎ、母は驚いた表情をした。もしかしたら否定的な感情が湧き上がったのかもしれないが、私がカミングアウトしたことを後悔するよりも先に、両親は笑いながら「自分らしく生きなさい」と言ってくれた。以来、私の恋愛相談に乗り、アドバイスをくれたりもしている。

編集部おすすめ

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スマダンニュースランキング

スマダンランキングをもっと見る
お買いものリンク