smadan

「婚活、疲れた」男と女、アラサーの婚活やめた原因体験談

       
「婚活、疲れた」男と女、アラサーの婚活やめた原因体験談

婚活を頑張ると、必ずおとずれるのが「婚活疲れ」です。
男性も女性も30代や40代になり「結婚したい」と考え相談所に登録したり合コンに行ったり、お見合いパーティーに参加をしたりといろいろ動かれる方も増加します。お相手が見つかってメールやLINEでマメに連絡をとってデートを重ねても「決め手にかける」「年収や職業が条件に合わない」など、悩みは尽きず終わりのない作業に思えて疲れてしまった、やめてしまったという体験談を集めました。

人間はどんなことにも慣れと飽きを繰り返して発展していく生き物ですから、日々のどんなことにも、疲れやマンネリ、けん怠期といった中だるみ時期はあるものです。
しかしこと恋愛に関しては、多くの人が恋愛は自然とできるものであって、頑張るものではないと思っているので、頑張ることに戸惑い、些細な打撃で疲れ、中断してしまうケースがあとをたちません。
婚活疲れはなんとか防止したいものですが、男女の意見を集めて考えてみると、男性が気をつけるべきポイントやその原因がみえてきました。


男が疲れる瞬間は無関心の限界と物質的な限界


婚活中の男女の約75%が感じている(マッチ・ドットコム ジャパン調べ)といわれる婚活疲れ。じわじわ感じていき、ある日を境に限界値を迎える方もいれば、突然プツンと糸が切れる人もいます。
まずは男性の婚活疲れや婚活中断経験のある人の話を聞くと、出てくるのは“無関心”と“物質的な限界”です。

「婚活を始めたのですが、アプリを使っても使っても女性から返事がきません。パーティーとかに行ったら連絡先を交換することはありますが、それもあとで盛り上がるということはあまりなく、自然消滅ばかり。だんだん『いつまで続くのかなー』と思っていたら仕事が忙しくなっていき、気付いたらアプリも使わなくなっていました」(30代・SE)

「自分はけっこうマッチングアプリで会えることがあるんですが、何人か会ううちに、『これって別のことにお金を使ってたらどうなってたんだ?』って思うようになりました。毎回のデート代とアプリの月額費だけで数万円でした。それなら、数万円使って新しいとろこに行ったり、何か始めた方が身になるしいいんじゃないかと思い、今は婚活という名目のお金は使わないようにしてます」(30代・公務員)

彼らのほかにも、「繁忙期になって忘れてたら、そのままやらなくなった」とか「一度すごい合うなと思った女性がいて、でも結局うまくいかなくて、ってのを経験したら、モチベーションが燃え尽きた」なんて声も。
男性の場合はスルーされることへの疲れと金銭的な問題が大きようですね。


女子の疲れは選択の限界がポイント


一方の女性の婚活疲れについては、どんなことが原因なのでしょう。体験談を集めてみると、男性とは異なる視点での疲れが多かったように思います。

「自分が評価され続ける疲れに悲しくなって、婚活を休むことにしました。アプリならプロフィールに『いいね』がどの位ついたか分かるのですが、全然つかなくて落ち込みますし、周りがうまくいくとこっそり凹んだりもします。」(30代・事務職)

「私は選んだりやりとりの中で、疲れてしまった一人です。たとえばアプリだったら、ものすごい人から返事がきたり、やりとりが発生して疲れてしまうし、婚活イベントでも短時間で誰かを選ばなくちゃいけないってシチュエーションが疲れてしまって。今は少し婚活から気持ちが遠のいてます」(20代・医療関係)

「とにかくアプリをやり続けるのが面倒臭い!」「普段だったら断る相手に逆に評価されるのがムカつく」など、女性の場合は男性と異なり、連絡の面倒くささと自分のアイデンティティの傷つきが疲れにつながりやすいようです。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年11月1日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。