review

「ひよっこ」152話。漫画家コンビがついに描いたヒット作、未来から来たたぬき型ロボット

連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)
第26週「グッバイ、ナミダクン」第152回 9月26日(火)放送より。 
脚本:岡田惠和 演出: 黒崎 博
「ひよっこ」152話。漫画家コンビがついに描いたヒット作、未来から来たたぬき型ロボット
イラスト/小西りえこ

連続朝ドラレビュー 「ひよっこ」152話はこんな話


みね子(有村架純)たちが裏天広場でお茶パーティーをやっていると、早苗(シシド・カフカ)に待ち人がやって来た。

残ったり、旅立ったり


お茶パーティーの出席者は、向かって左から愛子(和久井映見)、みね子、世津子(菅野美穂)、早苗、富(白石加代子)、新田(岡山天音)、坪内(浅香航大)。
新田と坪内がハケてから(この話はあとで触れる)、世津子(菅野美穂)が、しみじみ、こういう場所が欲しかったと言う。
なんでも話せて一緒にごはんを食べる、こういう場所が欲しかった。雨男(沢村一樹)との時間がそうだった、と。
スターとして、華やかで大きな仕事をしていても、心は満たされず、結局は、気の置けない仲間とのささやかなおしゃべりや食事に価値を見出す世津子だったが、でもそろそろ女優に戻ろうとも考えていた。
いよいよ世津子が、アパートから出ていく時が来た、と覚悟を決めるみね子たちだったが、世津子は意外にも
「まだいてもいいかなここに」と言いだす。
スターとしての大きな仕事と、ささやかな日常。世津子は、どっちも手に入れるようだ。

そこへ、ふいに、早苗を「迎えに来た」という男・片岡龍二が現れる。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ひよっこ + 朝ドラ」のおすすめ記事

「ひよっこ + 朝ドラ」のおすすめ記事をもっと見る

「ひよっこ + 松本穂香」のおすすめ記事

「ひよっこ + 松本穂香」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュース

次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「ひよっこ」

朝ドラ「ひよっこ」

家族のために懸命に生きる主人公と個性豊かな登場人物たち、そして笑いと涙のハートウォーミングなストーリーで 最高視聴率22.2%を記録したNHK連続テレビ小説。ヒロインのみね子を有村架純が演じた。2017年4月3日〜9月30日放送。

2017年9月27日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. ひよっこ 朝ドラ
  2. ひよっこ 松本穂香

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。