smadan

大人気ゲーム『FGO』、ヒンドゥー教の女神をモチーフにして宗教家からクレーム

大人気ゲーム『FGO』、ヒンドゥー教の女神をモチーフにして宗教家からクレーム

スマホ向けRPGゲーム『Fate/Grand Order』(以下、『FGO』)に対して、ヒンドゥー教の宗教家からクレームがついた。同ゲームには、ヒンドゥー教の女神をモチーフとしたキャラクターが登場する。

女神が「おさな妻系ヒロイン」に


ヒンドゥー教団体の代表を務めるなど熱心な宗教家であるラジャン・ゼッド(Rajan Zed)氏のホームページに、『FGO』における女神パールヴァティーの描写に対する抗議文が掲出された。パールヴァティーがセクシーな見た目をしていること、ゲーム中で“サーヴァント(英語で召使の意)”として扱われていること、本来シヴァ神の持ち物である三叉の矛を武器としていること(シヴァ神から借りたものだとゲーム中で説明されてはいる)を挙げて、ヒンドゥー教への誤解を招くのではないかと指摘。信仰に関わるテーマを扱う際に、ゲームメーカーはもう少し注意を払うべきだと主張している。

『FGO』は、『月姫』や『Fate/stay night』などの作品で知られる人気ゲームメーカー・TYPE-MOONによるスマホ向けRPGで、累計1,000万ダウンロードを突破する人気を誇っている。プレイヤーは、神話や伝説上の英雄を使い魔“サーヴァント”として従えて物語を進めていく。ゲーム内で、パールヴァティーは「おさな妻系ヒロイン」と紹介されており、萌えキャラ的な描写がされていた。

宗教を題材にした時点で起こりうる事態だった?


編集部おすすめ

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースランキング

スマダンランキングをもっと見る
お買いものリンク