smadan

GACKTだけじゃない!『芸能人格付けチェック』の名場面を振り返る

GACKTだけじゃない!『芸能人格付けチェック』の名場面を振り返る
画像はイメージ

2018年の元日も放送される『芸能人格付けチェック』(ABC・テレビ朝日系)。毎年、ダウンタウン浜田雅功の声が高らかに響き渡り、さまざまな出演者が料理・ワイン・演奏楽器などの「高級品」と「安物」を見分けるべく悪戦苦闘している光景は、今や1月1日夜の風物詩化していると言っても過言ではありません。
さて、この格付けチェック。2005年にお正月特番として放送されるようになってからというもの、現在に至るまで数多くのタレントがチャレンジし、時には番組史に残るような名場面もたくさん生まれてきました。今回はその中でも、特に印象的なシーンをピックアップし、紹介していきたいと思います。


2005~2006年 叶姉妹が2年連続でパーフェクトを達成


他の芸能人がAとBの二者択一に苦しむなか、叶姉妹は事もなげに2年連続パーフェクトを達成。
さすがはセレブ姉妹。確かな審美眼を持っていると称賛の声が上がったものの、そのでき過ぎた結果により、一部視聴者からは「実はヤラセなのでは?」と嫌疑をかけられたりもしました。


2010年 つんく♂ VS. 総額37億円の楽器


格付けチェックの恒例問題「音感」に、つんく♂がチャレンジ。
バイオリン・ビオラ・チェロの三重奏を2パターン聴き、どちらが総額30万円で、どちらが総額37億円なのかを判断するという課題でした。
GACKTが「絶対間違えない。もし間違えたら僕、彼のこと、モーニングおっさん。って呼ぶもん」とまで断言していたから、なるほど、やはり一流ミュージシャンともなると耳の構造が違うんだなと思いきや、意外とつんく♂は熟慮。苦悩の表情を浮かべながら最後の最後まで迷い、なんとか正解を選択。浜田が部屋へ入ってきたときには安堵の表情を浮かべていました。


2012年 清原和博 GACKTが入ってきて雄叫びを上げる


その途切れることない連続正解記録から「入室した時点で正解確定」的扱いを受けている格付けの申し子・GACKT。
この年の最終問題「最高級牛肉」を当てる問題で、一人だけみんなと違う部屋へと入室してしまった清原は、終始不安顔。しかし、最後の一人「お肉博士」を自称するGACKTが自分の部屋へ入ってきたときには「うええええええーい!!!」と現役さながらの雄叫びを上げたのでした。もちろん、清原とGACKTは正解。こんな無邪気なおじさんが、よもや数年後、あんなことになるなんて……。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年1月1日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。