smadan

「慶應ニューヨーク学院」の出願者数が増加しているワケ

「慶應ニューヨーク学院」の出願者数が増加しているワケ

近年、慶應義塾大学へ推薦で入学できる学校の中でも、ニューヨークに存在する慶應義塾ニューヨーク学院(高等部)の人気が高まっているという。いったいどんな学校なのだろうか。そしてどれくらいの英語力があれば入学できるのか。慶應ニューヨーク学院への合格率は英語塾の中でもトップを誇り、14年間で400人以上の合格者を輩出している英語塾キャタルの塾長に話を聞いた。

慶應義塾ニューヨーク学院(高等部)とはどんな学校か


「慶應ニューヨーク学院」の出願者数が増加しているワケ

慶應義塾ニューヨーク学院(高等部)(以下、慶應NY学院)は、1990年、アメリカ合衆国ニューヨーク州のマンハッタンから1時間の郊外にあるパーチェスに開校された高等部の慶應義塾一貫教育校である。卒業生は、学院長の推薦により、慶應義塾大学に設置されている各学部のうちいずれかに推薦進学できる。

もともとは、海外に駐在する日本人の子が通うための学校だったそうだが、2000年以降、日本から出願することもできるようになった。日本ではなく、ニューヨークにある高校の環境がどのようなものなのか気になるところ。慶應NY学院に詳しい英語塾キャタルの塾長である林洋介氏は次のように話す。

「男女共学で、生徒数は全部で350人前後。生徒の99%は日本国籍の日本人です。アメリカの高校と同じ4年制で、アメリカの高校卒業資格も得られます。
寮があるので日本から子どもだけを留学させるような形が基本ですが、親がアメリカ国内やヨーロッパ諸国、アジアなどに駐在している家庭もあります。将来、日本に帰ることを想定し、子どもに日本人としてのアイデンティティも持ったバイリンガルになってほしいという思いで通わせています。授業は約6~7割、アメリカ人の教師が英語で行います」

そして年々、出願者数が増えているという。それにはどのような背景があるのか。

「2015年で創立25周年を迎えて話題になったこともありますが、一番は日本における英語熱の高まりにあると考えます。2020年から大学入試が新しくなることもあり、中学、高校のうちから英語全般に対して取り組み方を変える必要が出てきています。英語教育をメインに、現代文・古典などの国語の授業にも力をいれている、バイリンガルな授業・バイカルチュラル(※1)な教育を行うニューヨーク学院は、英語を取得させたいという希望を持つ親が、留学することで一番懸念する『日本語能力の低下』『日本の大学進学への不安』を払拭できる制度がメリットととらえられ、人気が高まっていると思われます」

※1バイカルチュラル
2か国の言語・習慣・道徳などを、その国の人と同レベルに身につけているさま。また、理解できるさま。(引用:小学館「デジタル大辞泉」)

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年2月8日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。