smadan

ロイヤルHDが変える「飲食店の働き方」 元日休業、24時間営業廃止の背景

ロイヤルHDが変える「飲食店の働き方」 元日休業、24時間営業廃止の背景

ロイヤルホールディングスは、「ロイヤルホスト」「カウボーイ家族」「天丼てんや」の元日休業に踏み切ったほか、ロイヤルホストの24時間営業を廃止するなど、働き方改革で注目されている。またキャッシュレスの次世代型店舗を設置するなど、先進的な取り組みで話題だ。
この狙いについて、ロイヤルホールディングスの藤田敦子人事企画部長兼ロイヤルマネジメント取締役人事部長に話を聞いた。
ロイヤルHDが変える「飲食店の働き方」 元日休業、24時間営業廃止の背景
ロイヤルホールディングスの藤田敦子氏


外食産業の「当たり前」を見直す


――飲食店はほぼ毎日営業しているイメージがありましたが、今回の元日休業の狙いについて教えてください。

藤田敦子(以下、藤田)  元日休業の狙いは、「働き方改革」の位置づけが大きいです。外食産業は、イベント時やみなさんが楽しんでいる際に、一生懸命に働くことが常でしたが、今回の元日休業の措置は、国民の祝日にみなさまとともに休むことで日々の活力につながると考えました。
ただし、商業施設やホテルの中に立地場所がある店舗や一部、オーナーの裁量で営業した店舗もあり、全店一斉休業ではありません。

――今、御社や他社も含めて外食産業において元日休業への気運が高まっていることについてどうお考えですか。

藤田 今まで当たり前だったことを見直すことが重要です。われわれが、「外食産業は元日に仕事をするのは当然」ととらえていたことが、時代と共に変化し、変わってきていると思っております。
これから少子高齢化が進展していく中で、労働力確保の観点から見ても、立ち止まって価値観の見直しが必要です。特に、私は、新卒などの採用も担当しておりますので若者の働き方や考え方の変化も視野に入れる必要がありますが、ロイヤルホールディングスや他社が元日休業を決断した背景には、若者の思考の変化もあるのかなと考えております。

――私が大学生の時は、正月は休むことが常識でした。いつの間にか、365日毎日営業へと変化していきました。ここに違和感を持つ方も多いと思います。

藤田 たとえば、ヨーロッパの話ですが、日曜日はレストランなども閉めており、平日でも夜も早く閉店しております。ヨーロッパに行くわれわれがその働き方を見て、「なんでだろう」と特に疑問を持つことなく、受け入れていました。
そこで働き方を再考することが必要です。今までと同じように進めることではなく、IT化やシステム化を進展させることで、より働きやすく、生産性を上げていく視野に立って、働き方のあり方も変えていく必要があるのではないかと模索しているところです。

編集部おすすめ

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

スマダンニュースランキング

スマダンランキングをもっと見る
お買いものリンク