今月12日、岩波書店の『広辞苑』の第7版が発売された。1955年に新村出(しんむらいずる)編の『辞苑』を下敷きとして第1版が出てから60年あまり、1976年の第2版補訂版も含めると8回目の改訂ということになる。
『広辞苑』10年ぶりの改訂で「みうらじゅん」の名も登場。思うままに拾い読んでみたら凄さの本質が見えた
『広辞苑』第7版。旧版から変わった点は多いが、化石関連の項目に添えられたイラストにも注目。第6版で同関連のイラストはわずか9点だったが、今回43にまで増えた。最新の研究にもとづいて描かれた恐竜などの想像図はじつに生き生きとしている

『広辞苑』は、国語辞典と百科事典の要素を兼ねた中型辞典の代表格である。それだけに社会の変化、学術研究の最新成果なども改訂のたびに反映され、新語の追加や語釈(言葉の意味の説明)の書き換えが行なわれている。メディアではこうした点に注目されることが多い。

先週(1月15日)、ニッポン放送の「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」にみうらじゅんがゲスト出演したときにも、新しい『広辞苑』が話題にのぼった。みうらによれば、今回の改訂では新たな収録語として「巨乳」と「ゆるキャラ」が最後まで候補にあがっていたが、結局採用されていなかったという。一体どこまで本当なのかわからないが、みうらはすでに「マイブーム」という造語が『広辞苑』に収録されているだけに、妙な説得力がある。ちなみにマイブームが収録されたのは、10年前に出た第6版が最初だが、今回の改訂では、《エッセイストみうらじゅんの造語》という一文も付されるようになった。

日本の人名は物故者しか載せない理由


「ビバリー昼ズ」では、パーソナリティの高田文夫が、『広辞苑』の今回の改訂で立川談志、永六輔、高倉健が収録されたことを強調していた。人名ではこのほか、永六輔と同じく放送作家出身の野坂昭如や青島幸男、あるいは東映で高倉健に続くスターとなった菅原文太などが新たに追加された。いずれも故人である。