bit

背わたのないエビ、増えてない? 真偽を日本海老協会に聞いてみた

背わたのないエビ、増えてない? 真偽を日本海老協会に聞いてみた
エビの背ワタ取り、地味に大変ですしね(画像はイメージ)。

炒めても焼いても揚げても、グラタンやカレー、シチューに入れても、どんな調理法でも間違いなく美味しくなる食材・エビ。唯一の問題といえば、家で調理するとき、背わたをとる処理がちょっとだけ面倒くさいことくらい。

しかし、最近、背わたをとろうとすると、「あれ? 背わたがどこにもない……」と感じることが増えた。あるとき数えてみたところ、スーパーで購入した「むきエビ(大)」一袋の中で、背わたが確認されたのは、3尾だけ。
もしかして背わたのないエビが増えているのだろうか。


背わたのないむきエビが現在は主流に!


気になってネットで調べてみると、自分と同じく、背わたがないエビのことが気になっている人はいるよう。
「養殖時に化学肥料を与えることで、背わたがなくなる」説や、「頭をとるときに一緒に背わたもとれる」説、「エサを与えないと背わたがなくなる」説など、様々な憶測が囁かれていた。

「もともと背わたのないエビ」が作られていると考えると、なんだか怖いけど……。

真偽を一般社団法人 日本海老協会に聞いた。
「『背わたのない海老』についてですが、天然むきえびは、お客様が使用する際、手間がかからないように背わたを抜いてあるものが最近は主流になっています」(広報担当者 以下同)
やはりむきエビでは「背わたのないエビ」が主流になっていたのか! とはいえ、「もともとない」のではなく「抜いている」ということで、なんとなく一安心。
「天然、養殖エビともに、背わたはあります。天然エビは、加工段階で、背カットまたはピン抜きにより、背わたを除きます。養殖エビは、水揚げ前の約1週間前から餌止めをしているため、腸間に食物が残っておらず、背わた抜きしなくても目立たないと思われます」

「エサを与えないと背わたがなくなる」説については、「なくなる」わけではないものの、「目立たなくなる」ということで、半分(?)正解だったよう。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2018年2月4日のコネタ記事
「背わたのないエビ、増えてない? 真偽を日本海老協会に聞いてみた」の みんなの反応 6
  • 匿名さん 通報

    無害かどうかは、水産業者の社長に「おまえの孫に食わせてみろ」って言って毎日食べるどうかで決めればいい。

    6
  • 匿名さん 通報

    題だけで内容は読んでいない。爪楊枝で背腸とるのは確かに面倒くさいんだよ。エビチリのときなど本当に面倒。冷凍食品でも、解凍してから取っている。だから、背腸が最初から取ってある方がありがたい。

    5
  • 匿名さん 通報

    料理学校に行ってたときは、アレがめんどくさくてたまらなかったなあ。でも確かに黒くて目立つし取り除いた方が美味しいけど。

    4
  • 匿名さん 通報

    仮に、食っても死なん

    4
  • 匿名さん 通報

    殻付きで髭から足,尻尾の先まで全部食べるから背わたなんかどうでもいい

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース