smadan

婚活で発見!モテないのに“謎の自信”を持った高学歴・高収入男

婚活で発見!モテないのに“謎の自信”を持った高学歴・高収入男

先日、ある失礼な男性と話す機会がありました。
彼は某有名私立大学卒業。大手企業を経て、現在は外資系企業に勤める40代の男性です。
婚活についていろいろ聞かれていたので、筆者も答えていたのですが、ふと聞き捨てならないフレーズを口にしました。

「僕が本気で婚活すれば、正直どうにでもなると思ってるんだよ」

なんという自信でしょう!
彼の主張の根源には、現在の収入(恐らく1000万円超え)や今までの学歴などを加味すれば、いくらでも女性はひきつけられる。でも、そういった肩書に引かれた女性は嫌なので、今は婚活をしないという主張でした。

その話を聞いた際、筆者はいたたまれない気持ちになりました。
彼がモテるかモテないかは別として、そんな男と一緒になった女性は、確実に不幸だと思うからです。
婚活の場では、一定数「僕のスペックは高いんだから、うまくいかないわけがない」とでも言いたげな、謎の自信を持って臨んでいる男性を見かけます。
今回はリアルとマッチングアプリ、両方で出会った方の実例をご紹介します。


婚活の場で遭遇した女子ウケしない「謎の自信」


実績と自信があれば、ビジネスシーンではある程度はうまく事が運ぶでしょう。しかし恋愛とビジネスは違います。1番の違いが、ビジネスはお金を稼ぐという数字がゴールなのに対し、恋愛は信頼を得るという人間関係がゴールです。
それを加味せず、「俺は条件がいい!」「理論的には正解なはず」と突き進むと、女性からの無言の反感を買っている可能性があります。

謎の自信1:「昔はモテていた」という自負


とにかく出会いの場で見かけるタイプです。「20代まではモテていた」「彼女が途切れなかった」と、過去の恋愛事情を誇らしげに彼らは語ってきます。
彼らの中では恐らく「こんな年齢まで独身だけど、女性に免疫や経験がないわけじゃない」という気持ちを伝えたいのでしょうが、女性はしぐさや気遣い、会話から経験のレベルを見抜きます。
完全に自慢し損ですので、武勇伝は心の引き出しにしまっておきましょう。

謎の自信2:高学歴・高収入をひたすら押し出す


高学歴や高収入は、当然素晴らしい実績です。しかし、それらは、あくまでもあれば嬉しい条件であって、多くの女性にとって1番の条件ではありません。
料理に例えるなら、メインディッシュはやっぱり性格やテンポなど相性と言われる要素で、学歴や収入はメイン料理をより引き立てるワインのようなもの。
人によってはワインのない食事はありえないと思うでしょうが、お酒が苦手な人はそもそもワインを頼みません。
「俺は年収も学歴もある」と公言することは、すなわち「ウチはワインがすごいんですよ!」と聞いてもいないのに自慢するようなもの。慎重な人であれば、「料理の前にワインを勧めるなんて、この店の料理は大したことないのでは」と勘ぐることでしょう。
良いものは香らせるくらいがちょうどいい。
ワインも年収も魅力の1つとして、ほんのり香らせるくらいにしておきましょう。

謎の自信3:男には人気!


同性の言う「可愛い」「カッコイイ」ほど、あてにならないものはありません。同じような理由から「友達(同性)が多い」というのも、異性との出会いの場においては、あまり自慢にも魅力にもなりません。
しかし男性の中には、よく「男友達は多い方なんで」と交友関係を誇らしげに語る人はいます。
彼らの心理としては、「ぼっちというわけではない」と言いたいのかもしれませんが、恐らく多くの女性は「友達多いのになんで出会いはないんだろう」と思うので、自信があっても口にするメリットは特にありません。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年3月21日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。