smadan

「ファッション嫌い」に勧めたいブランド? オールユアーズは“問題解決型の服”を追求する

「ファッションに興味はない」と言っている人だって、日々何かしら服を着て暮らしていることだろう。毎日“使って”いるものに全然こだわりがないというのも少々奇妙な話と言えるのかもしれない……。ファッション業界では、あまりにもユーザーが置いてけぼりになってしまっている。日常生活で求められる機能を追求して服作りをしているオールユアーズの代表取締役・木村昌史氏が考える、ファッション業界が抱える問題とは?

ユーザビリティが疎かになっているファッション業界


「ファッション嫌い」に勧めたいブランド? オールユアーズは“問題解決型の服”を追求する

――木村さんは、「服というものは、身体から一番近いはずなのに、一番遠くにいってしまった」と主張されていますね。消費者が置いてけぼりになっているということでしょうか?

「簡単に言うと、昔は“メディア都合”だったんですよ。昔は、ファッション雑誌で情報を受け取るしかなかったから、みんな同じものがほしい時代でした。でもインターネットがメディアをぶっ壊したから、雑誌が情報統制できなくなって、スタイルがどんどん多様化していったんです。その裏で、何を基準に服を選んでいいのかわからない人が増えていきました」

――単純に「ファッションに興味がない」というだけでなく、ファッション業界に不信感を持っている人もいる印象です。メディアに踊らされたくない、というか……。

「ファッションって結局、希少性だったんです。『欲しくても着られない人が多い服は、かっこいい』みたいな。手に入らないものが欲しくなる人間の心理を利用して商売していたけど、インターネットでいろんな情報を受け取るようになったら、みんな手に入らないものはそんなに欲しくなくなっちゃった。だって、別にお金を使えばいいものを知っているから。時代が全然違っているのに、アパレルは昔と同じことをしているから、情報を真正面から受け止めてくれる人がすごく少なっているのを感じます」

――昔に比べて、デザインがオシャレで安価な服も増えました。

「昔は、流行のデザインがハイブランドから安価なブランドまで伝わるのに、3年くらいかかったんですよ。今はそのタイムラグがほとんどゼロになって、むやみに最先端を追いかける必要がなくなりました。むしろ『一時の流行なら、安いものでいいや』と考える人が多くなってしまいました。昔は流行を回して煽るように商売していたのに、皮肉なものですよね。ファッション業界は、売り手が独りよがりになっていて、ユーザビリティが疎かになっているように感じます」

――木村さんは昔、大手アパレルチェーンで働いていたそうですね。

「いっぱい作って、いっぱい売るみたいな商売をしていたんですけど、正直ゴミばっかり作っているような気持ちになってきたんですよ。『これが流行のスタイルです』って言っても、『なんでそれが流行なの?』と聞かれたところで、情報のソース元がないわけですし。そういう不確かなものを作るのがつらくなり、もっと確かなものを作りたくなって立ち上げたのが、オールユアーズです」

私服で働く社会人に向けた、新たなワークウェア


――オールユアーズの製品は、他のアパレルとは一味違っていますよね。「コットン100%に見えるのに、洗濯して3時間で100%乾くジャケット」とか、「色んな匂いが気にならなくなるコットン100%のポケT」とか、「水を弾くコットンパーカー」とか、「温かそうに見えないのに、実は布団の綿を使っているので温かいパンツ」とか、他にもいろいろ。シンプルなデザインで高機能な服をいろいろ発表されています。

「問題解決型の服を作ろうと思ったんです。雨が降っても大丈夫、汗をかいても大丈夫とか。今まではTPOで服を選ぶっていうと『冠婚葬祭だから、こんな服を。デートだからこんな服を』みたいな感じでしたが、もっと人間が生理的に困る問題ってあるでしょう? 生活シーンに寄り添う服を作れば、人間の生き方や働き方も変わっていくんじゃないでしょうか」

――ファッションの枠を超えたところを見据えているんですね。

「僕らは、インターネット時代のワークウェアを作っていきます。昔はみんな働くときはスーツだったから、カジュアルウェアは週2で着るものでした。でも今は私服で働くスタイルも一般的になって、カジュアルウェアは週7で着るものになってきています。ライターさんもスーツ、着ないでしょ?」

――まったく着ませんね(笑)。

「それほど頻繁に着る服となったら、洗濯が大変だったり、着心地が悪いものは嫌じゃないですか。オールユアーズでは、週7でカジュアルウェアを着る人に向けた服の提案をしているつもりです」

――一番人気の服はどれですか?

「汗などの水分を素早く吸い込んで乾燥する『FAST PASS』の機能がついた、ジャケットとパンツのセットアップは、毎週10件くらい問い合わせがあります。『CAMPFIRE(キャンプファイヤー)』でクラウドファンディングを立ち上げたときは、1800万円を超える支援がありました。普段はTシャツで仕事しているけど、打ち合わせのときくらいはジャケットを着たいって人にオススメのデザインなんですよ。本職のジャケット屋さんからすると、結構怒りそうな作り方しているんですけど(笑)。でも、“Tシャツに合うジャケット”の需要って絶対高いと思ったんです」

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年3月24日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。