smadan

AIに仕事を奪われないための、3つの対策

AIに仕事を奪われないための、3つの対策

「AIが仕事を奪う」と言われてずいぶん経つけど…

数年前から目立つようになった、「AIが仕事を奪う」という言葉。

それを裏付けるように、技術面ではロボット、知能面ではAIやブロックチェーンの技術が、ウェブニュースでも話題になることが増えました。

奪うとはどうも穏やかではないですが、実際にこうしたテクノロジーはどうやって僕たちの仕事に関わってくるのでしょうか?


奪うのは職ではなく「業務」

実はAIに取って代わるのは、職そのものではなくて「業務」です。いきなりその職業の業務全部が置き換わることは稀でしょう。どのような業務が置き換わるのというと、大きく「専門性」と「知能」に分けることができます。

専門性として挙げられるのは「ブルーカラー」と呼ばれる層の肉体労働や、特定の専門分野に特化したスキルを活かす仕事です。

今でもすでに一部の居酒屋や寿司屋が「液晶パネル注文」を導入していますよね。あれにより、飲食店のホールスタッフの仕事が一部減りました。

知能の面では「ホワイトカラー」と呼ばれる層の頭脳労働や深い専門知識を活かす知識層向きの仕事

特に「士業」の業務が置き換えられると言われます。公認会計士、建築士、税理士などの仕事の一部は、AIやブロックチェーンで代替した方が大幅にコスト削減できるとの予想が濃厚です。まだこの分野では実用化したものは少ないですが、すでに多くの企業がこれらの仲介業・代行業の自動化に取り組んでいます。


これからの変化に向き合うための3つの対策

もしも今後AIやロボットなど、テクノロジーが仕事を本当に奪ってくるのだとしたら、僕らには一体なにができるのでしょうか。

この記事を読んでいる皆様も、それぞれが様々な職に就いているので一概に「これをやれば大丈夫」という提案はできないのですが、“AI失業”しないための予防策はあります。

あわせて読みたい

  • 子供は家にいる"主夫"をどう思う?

    子供は家にいる"主夫"をどう思う?

  • 専業主夫に「誰が養ってる」と妻

    専業主夫に「誰が養ってる」と妻

  • 専業主夫の10年間 変わる“男らしさ”

    専業主夫の10年間 変わる“男らしさ”

  • 専業主夫を10年間やってみた結果

    専業主夫を10年間やってみた結果

  • スマダンの記事をもっと見る 2019年2月2日のスマダン記事

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    スマダンニュースアクセスランキング

    スマダンランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    スマダンとは?

    ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

    その他のオリジナルニュース