私ごとながら、4歳児の双子の父をしている。共働きで、どちらの両親もそばにいない我が家の場合、自分が融通のきくフリーランスでなければ育てられなかったんじゃ……? と思うことは多い(それでも、育児の負担は奥さんのほうが圧倒的に大きいのだけれど)。

そんな我が家が参考にしてきたWEB連載がある。マンガ家ユニット・うめ(小沢高広と妹尾朝子)が自分たちの子育てを綴ったエッセイマンガ『ニブンノイクジ』だ。このほど、『イクメンと呼ばないで ニブンノイクジ』(マガジンハウス)として単行本化された。
「イヤなんだよ 育児の正しさに負ける感じが」夫婦漫画家うめに聞く『イクメンと呼ばないで 』
『イクメンと呼ばないで ニブンノイクジ』(マガジンハウス)

そこで今回は、本の中で記されてあることもないことも含め、親としてもフリーランスとしても大先輩のふたりに、育児のこと、仕事のこと、夫婦のことをアレコレ教えてもらった。
「イヤなんだよ 育児の正しさに負ける感じが」夫婦漫画家うめに聞く『イクメンと呼ばないで 』
左:作画&洗濯担当。基本ざっくりな妻。右:原作&料理担当。わりと細かい夫。代表作は『スティーブズ』『大東京トイボックス』『おもたせしました』など多数。

教えてうめ先生「仕事量って減りました?増えました?」


───2014年から『ニブンノイクジ』として「ママテナ」「cakes」で連載されてきて、今回、ついに単行本化。まず聞きたかったのが、『イクメンとよばないで ニブンノイクジ』と、連載時からタイトルを変えた理由ってなんだろう?と。

小沢:マガジンハウスさんからのご提案です。もっと引っかかりをつくろう! というか、ぶっちゃけ売れますように、という(笑)。で、妹尾が思いついて、マガジンハウスさんも、それはいい、となりました。

妹尾:最初、『丁寧じゃない暮らし』とか『ダメ親の●●●』みたいなのも案としてはあったんですが、そこまでダメアピールもしてないよね? みたいな(笑)。育児物で、そんなちゃんとしたママじゃないよー、安心してねー、みたいな描き方は割とよくあるんですけど、そこはあまり描いてないですからね。

この記事の画像

「「イヤなんだよ 育児の正しさに負ける感じが」夫婦漫画家うめに聞く『イクメンと呼ばないで 』」の画像1 「「イヤなんだよ 育児の正しさに負ける感じが」夫婦漫画家うめに聞く『イクメンと呼ばないで 』」の画像2 「「イヤなんだよ 育児の正しさに負ける感じが」夫婦漫画家うめに聞く『イクメンと呼ばないで 』」の画像3 「「イヤなんだよ 育児の正しさに負ける感じが」夫婦漫画家うめに聞く『イクメンと呼ばないで 』」の画像4