review

「孤狼の血」は劇場で観ておけ。熱気と臭気が漂う東映三角マークのバイオレンス映画

豚の肛門からブリブリッとひりだされる大量の糞! その糞をぐりぐりと口にねじこまれる気弱そうな経理係の駿河太郎! 駿河太郎の指を楽しそうにちょんぎる武闘派ヤクザの竹野内豊! 

これが役所広司、松坂桃李主演、白石和彌監督の映画『孤狼の血』のオープニングだ。これだけでこの作品が放つ空気がよくわかる。お上品じゃない。寸止めじゃない。コンプライアンスがない。熱気と臭気がスクリーンのこちら側にも伝わってくる。ヤクザ同士の対立と警察との衝突を描く『孤狼の血』は三角マークの東映が贈るエクストリームなバイオレンス映画なのだ。(公式ガイドブック)
「孤狼の血」は劇場で観ておけ。熱気と臭気が漂う東映三角マークのバイオレンス映画
映画「孤狼の血」 公式ビジュアルガイドブック (カドカワムック)

捜査のためなら火を放つ男・大上


『孤狼の血』の舞台は暴力団対策法成立直前の昭和63年、広島県呉原市。取り締まりの法律もザル、バブルの真っ只中でカネもあるからヤクザがギラギラしまくっていた時代だ。呉原市は架空の街だが、実際には呉市でほとんどの撮影が行われた。呉市は東映実録ヤクザ映画の傑作『仁義なき戦い』の舞台だった街である(『この世界の片隅に』の舞台でもある)。

主人公の大上章吾(役所広司)は広島県警の暴力犯捜査係主任。ヤクザの組織にどっぷり入り込み、警察からもヤクザからも一目置かれている。捜査のためなら旅館に火を放ち、警察署の中で女(MEGUMI)にフェラさせてしまうような男(これは捜査とは関係ない)。決めゼリフは「警察じゃけぇ、何をしてもいいんじゃあ」。演じる役所広司は現在62歳だが、まったく年齢を感じさせない暴れっぷりを見せている。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2018年5月17日のレビュー記事
「「孤狼の血」は劇場で観ておけ。熱気と臭気が漂う東映三角マークのバイオレンス映画」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    見たくなった! 最近はガキ向けの腑抜けた日本映画が多すぎる。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース